ドクチョウ(毒蝶)(読み)ドクチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ドクチョウ【ドクチョウ(毒蝶)】

鱗翅目タテハチョウ科ドクチョウ亜科Heliconiinaeに属する昆虫総称。約70が知られる。開張4.5~10cm。幼虫がトケイソウ科植物を食べるために,その有毒成分を体内に含み,鳥類などからの捕食を免れている。多くの種では赤色,黄色,青色,黒色などの色彩をいくつか組み合わせた鮮やかな色彩をしており,翅の形はに細長くのびている。新大陸のみに分布し,南アメリカ熱帯には多数の種が見られ,その一部は北アメリカに達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android