コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクチョウ(毒蝶) ドクチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ドクチョウ【ドクチョウ(毒蝶)】

鱗翅目タテハチョウ科ドクチョウ亜科Heliconiinaeに属する昆虫の総称。約70種が知られる。開張4.5~10cm。幼虫がトケイソウ科植物を食べるために,その有毒成分を体内に含み,鳥類などからの捕食を免れている。多くの種では赤色,黄色,青色,黒色などの色彩をいくつか組み合わせた鮮やかな色彩をしており,翅の形は横に細長くのびている。新大陸のみに分布し,南アメリカの熱帯には多数の種が見られ,その一部は北アメリカに達している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android