コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクムギ

百科事典マイペディアの解説

ドクムギ

イネ科の一年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で,世界の温〜暖帯に広く野生化している。路傍荒地にはえ,5月ごろ開花。高さ60〜90cmになり,細長い直立する穂状花序をつける。小穂は互生し,包穎(ほうえい)は小花よりも長い。種実が有毒のため,この名があるが,この毒素はドクムギ自体のものではなく,種実に有毒アルカロイド,テムリンを産出する菌が寄生することによる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクムギ
どくむぎ / 毒麦
darnel
[学]Lolium temulentum L.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部で分枝し、高さ60~90センチメートル。葉は長さ約50センチメートル、幅0.3~1センチメートル。6~8月、稈の先端に長さ10~30センチメートルの直立する穂状花序をつける。花軸は太いが、小穂に比べてやや細い。小穂は無柄、腹面で花軸上に互生し、長さ1~2.5センチメートル。第1包穎(ほうえい)は退化し、第2包穎は外側につき、ほぼ小穂と同長。護穎は先が丸く、長さ7~8ミリメートル、芒(のぎ)は0~1.2センチメートル。ヨーロッパ原産で、日本全土の平地に帰化している。ときに穎果に毒があり、家畜がそれを食べて中毒をおこすことから名がついた。以下の近縁種が知られている。花序の中軸が円柱形で、小穂が細長いのがボウムギ。第2包穎が短くて護穎に芒がなく、小穂が長さ1~2センチメートルになるのがホソムギ。護穎に長さ1センチメートルの芒があり、小穂がやや長く、多少開出するのがネズミムギ。いずれも日本に帰化している。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドクムギの関連キーワードイタリアンライグラスドクムギ(毒麦)有毒植物イネ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android