コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメスティック・バイオレンス どめすてっくばいおれんすdomestic violence

知恵蔵の解説

ドメスティック・バイオレンス

広い意味では、家庭という私的な領域内で、強者から弱者に加えられる暴力をいう。日本では通常、夫婦や恋人など親密なカップル関係の中で生じる暴力行為を指す。暴力の内容は、身体的暴力からセックスの強要、屈辱的な言葉をかける、行動を詮索するなど多岐にわたる。家庭内の問題として潜在していたが、フェミニズム運動や人権意識の高まりから、社会問題としての認識が高まった。内閣府の調査(2005年)によると、配偶者などから暴力を受けた経験のある女性は33.2%(男性17.4%)、うち、身体に対する暴力被害経験者は、26.7%(男性13.8%)。01年に配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(配偶者暴力防止法DV防止法)が制定され、被害者の保護命令加害者退去・接近禁止命令、都道府県の配偶者暴力相談支援センター設置義務などが規定された。04年の改正では、保護の範囲が離婚した配偶者や子にも広がっている。

(山田昌弘 東京学芸大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドメスティック・バイオレンス
どめすてぃっくばいおれんす
domestic violence

配偶者や恋人等の親密な関係にある者、またはあった者から振るわれる暴力。略称DV(ディーブイ)。英語のドメスティック・バイオレンスということば自体の意味は、「家庭内暴力」であるので、配偶者からの暴力のみならず、親から子供への暴力等も含まれる。日本でもこのように異なった意味に受け止められるおそれがあることから、内閣府では、ドメスティック・バイオレンスということばを正式には使わず、「配偶者からの暴力」ということばを使っている。
 DVには、さまざまな形態の暴力があり、内閣府男女共同参画局では「配偶者からの暴力」を、身体的暴力(殴る、蹴(け)るなど)、精神的暴力(大声でどなる、ばかにするなど)、性的暴力(性行為の強制など)ととらえているが、たとえば、神奈川県が策定している「かながわDV防止・被害者支援プラン」では、経済的暴力(生活費を渡さないなど)や社会的隔離(外出や交際の制限など)も含めている。DVは、これらのうち、単独の形態の暴力であることもあるが、多くは何種類かの暴力が重なっていることが多い。また、ある行為が複数の形態に該当することもある。
 DV加害者は、年齢、性別、学歴、職種、年収に関係がないといわれている。社会的地位があり、そうとは見えない人でも、DV加害者である場合がある。暴力を振るわれた被害者は、逃げることができないことが多い。その理由として、恐怖感、無力感、複雑な心理(「暴力を振るうのは私を愛しているからだ」と思うなど)、経済的な問題、子供の養育の問題などがあるとされている。
 日本では、2001年(平成13)4月にDVの防止および被害者の保護を図ることを目的とする「配偶者暴力防止法」(平成13年法律第31号。DV防止法ともいう)が成立した。[神尾真知子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドメスティック・バイオレンスの関連キーワード児童虐待の防止等に関する法律フレデリック ワイズマン住宅セーフティーネットアンガーマネジメント住民基本台帳閲覧制度母子生活支援施設児童虐待防止法社会病理学臨床心理士婦人相談所公営住宅女性団体心的外傷性暴力

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドメスティック・バイオレンスの関連情報