コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライヤー ドライヤー Dreyer, Carl Theodor

8件 の用語解説(ドライヤーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライヤー
ドライヤー
Dreyer, Carl Theodor

[生]1889.2.3. コペンハーゲン
[没]1968.3.20. コペンハーゲン
デンマーク映画監督ジャーナリストを経て映画界へ入り,1920年『裁判長』 Praesidentenの監督としてデビュー。北欧的な神秘主義リアリズムの強い作品が多い。『裁かるるジャンヌ』 La Passion de Jeanne d'Arc (1928) は無声映画期の代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドライヤー(dryer/drier)

乾燥器。「洗濯物をドライヤーに入れる」「ヘアドライヤー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドライヤー

デンマークの映画監督。ジャンヌ・ダルクの苦悩と殉教をクローズアップの連続で描いたサイレント映画裁かるるジャンヌ》(1928年)によって世界的に知られた。以後,人間精神の映像的表現をめざして細部にまで緊張感をただよわせた《吸血鬼》(1932年),《怒りの日》(1943年),《ガートルード》(1964年)等を作った。

ドライヤー

(1)乾燥剤とも。塗料,印刷インキ等の乾燥促進剤。油脂中の不飽和脂肪酸を酸化,重合,膠化(こうか)させて乾燥させるもので,コバルトマンガン,鉛,亜鉛等の酸化物,水酸化物,樹脂酸塩,不飽和脂肪酸塩,ナフテン酸塩等が用いられる。
→関連項目乾燥剤金属セッケン工業用セッケン(石鹸)塗料二酸化マンガンワニス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドライヤー【drier】

一般には乾燥器(ヘアドライヤーなど)や乾燥剤(塗料,インキなどの硬化乾燥を促進させるために用いる工業薬品)のことだが,ここでは後者について述べる。乾性油,半乾性油,または不飽和結合をもつ有機材料を原料とした塗料やインキなどは,空気中で自動酸化によって分子間に橋かけ重合が起こり,三次元化して塗膜を形成する。ドライヤーはこの際生成する過酸化物の分解を促進して連鎖的に反応を進める触媒作用をもつもので,ドライヤー自身は酸化→還元→酸化を順次繰り返す。

ドライヤー【Carl Theodor Dreyer】

1889‐1968
デンマークの映画監督。デンマーク映画最大の巨匠であり,ジャンヌ・ダルクの苦悩と殉教の意義をクローズアップの連続で彼女の内面に分け入るようにして描き〈サイレント映画最後の傑作〉とされる《裁かるるジャンヌ》(1928),魔女狩りの犠牲となる女性を主人公に17世紀の社会を精神史的に再現した《怒りの日》(1944),狂人と思われていた男の祈りによって一人の女性が死からよみがえる《奇跡》(1955)など,人間の精神の営み,とりわけ信仰について探求した作品は映画史上の特異な存在となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドライヤー【drier】

乾燥器。特に、ヘア-ドライヤー。
乾燥剤。

ドライヤー【Carl Theodor Dreyer】

1889~1968) デンマークの映画監督。宗教裁判にかけられた聖少女ジャンヌ=ダルクの心理を、大胆なクローズ-アップの連続使用によって描いた「裁かるるジャンヌ」で世界的名声を得る。ほかに「怒りの日」「オルデット」「ゲルトルード」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドライヤーの言及

【サイレント映画】より

…戦後の混乱したドイツに生まれた〈表現主義〉の映画《カリガリ博士》(1919)が世界の注目を浴びたころ,ドイツの哲学者コンラート・ランゲは《現在および未来における映画》(1920)の中で,芸術は〈静〉で〈動〉を表現するというイリュージョンで成り立つものであるから,映画が〈動く画面〉を基礎とするかぎり芸術とは無縁であると映画の芸術性を否定したが,20年代を通じて世界の各国で〈サイレント映画〉の芸術性が追究された。例えばフランスでは,アベル・ガンスが《鉄路の白薔薇》(1923)をつくり,グリフィスのモンタージュを視覚的なリズムによる心理的なモンタージュに発展させ,カール・ドライヤーは《裁かるるジャンヌ》(1928)で大胆なカメラアングルと,クローズアップを最大限に活用したモンタージュでそれまでの常識を破り,〈サイレント映画〉形式の一つの頂点を示した。また,ドイツ映画の黄金時代(古典時代)を代表するフリードリヒ・W.ムルナウの《最後の人》(1925)は,文学的な借物であるタイトル(字幕)を排除し,カメラを自由奔放に駆使して映画以外の手段では不可能な映画的表現を開拓した。…

【デンマーク映画】より

…世界映画史上,デンマークはまず,接吻とバンプvampを生んだ国として知られ,次いでカール・ドライヤーという巨匠の名に値する大監督を生んだ国として評価される。 1906年に世界で最初のメジャー(大手)の映画会社の一つ,ノルディスク社がオーレ・オルセンによって創立され,10年代には早くも最初の黄金時代を迎える。…

※「ドライヤー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドライヤーの関連キーワードデンマーク王立バレエ団デンマーク体操デンマーク連合王国ダンサー・イン・ザ・ダークデンパークデンマーク王立歌劇場管弦楽団デンマーク王立管弦楽団フライト・トゥ・デンマークデンマーク・ロイヤル・バレエ団デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドライヤーの関連情報