コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラフト制度 ドラフトせいど

2件 の用語解説(ドラフト制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドラフト制度【ドラフトせいど】

プロスポーツの選手に対し,チームが入団契約の交渉権を獲得するための一制度。draftは徴兵の意。米国のプロ野球やプロ・アメリカンフットボールでも行われているが,日本のプロ野球では〈新人選手選択規定〉といい,1965年より導入。
→関連項目イチロー三冠王

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドラフトせいど【ドラフト制度】

プロスポーツの選手に対し,チームが入団契約の交渉権を獲得するための制度の一つ。日本のプロ野球では〈新人選手選択規定〉という。毎年1度,11月に東京でドラフトdraft会議が開かれ,全球団が出席して新人選手(これまで選手契約をしたことのないもの)の指名を行う。指名方法は,基本的には各球団が会議当日に指名希望選手の名簿を提出し,競合したばあいはその年のペナントレースの下位球団から抽選を行って決定する。抽選にもれた球団は下位球団優先の方式で指名もれ選手の指名権を獲得する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のドラフト制度の言及

【野球】より

…球団が増えるとともに,有望選手獲得のためには大金を出すようになり,64年にはエンジェルズが大学の選手に20万ドルという破格の契約金を支払った。これがきっかけとなって選手を順番に指名するドラフト制度が採用されたが,しかしこれに対しては個人の自由を妨げるとして訴訟もたびたび行われ,75年には契約なしでプレーして翌年は自由に移籍するものも現れた。いまや年俸1000万ドルの選手も珍しくない。…

※「ドラフト制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドラフト制度の関連キーワードスポーツ心臓トライアウトスポーツマンゼネラルマネージャーナショナルチームノーマークアップセットサラリーキャップ制スポーツウーマンプロスポーツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラフト制度の関連情報