ドレフュス事件(読み)どれふゅすじけん(英語表記)L'Affaire Dreyfus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレフュス事件(フランス史)
どれふゅすじけん
L'Affaire Dreyfus

1894年、ユダヤ人砲兵大尉ドレフュスAlfred Dreyfus(1859―1935)が、ドイツへのスパイ容疑で軍に逮捕され、南米ギアナ沖の孤島に流されてから、99年特赦されるまで、フランス全体を揺るがした事件。ドレフュスの無実だけは現在明白であるが、その他の点ではなお多くが謎(なぞ)に包まれている。
 最初、国民は圧倒的にドレフュス有罪を信じ、弟マテュウや1896年ドレフュス無実を発見した参謀本部ピカールGeorges Picquart(1854―1914)中佐などの奔走も効がなく、逆にピカールはチュニジア奥地に左遷された。その背景としては、当時政財界に強い影響力をもっていたユダヤ系金融勢力への、左右両翼、カトリック教会の反感など根強い反ユダヤ感情や、プロイセン・フランス戦争の敗戦以来尾を引き、89年のブーランジェ事件で燃え上がった国民の対独復讐(ふくしゅう)熱などがある。ようやく98年1月、作家ゾラが、急進派クレマンソーの新聞『オーロール』(曙(あけぼの))紙上に、大統領への公開状を発表し、ドレフュスの無罪を訴えたことが転機となり、世論は両分された。もはや一ユダヤ軍人の人権問題にとどまらず、対独復讐主義や反ユダヤ主義、軍国主義、教権主義など、第三共和政下の諸争点が噴出して、フランス国内が二つに分裂する世紀末の大事件に発展した。
 ドレフュス擁護派には、人権擁護同盟に集まる作家、知識人や、共和制の防衛を目ざす議会共和派左翼、クレマンソーらの急進派、社会主義諸派などがたち、反ドレフュス派には、反ユダヤ主義、反共和主義の国粋派、カトリック勢力、王党派および軍部があった。98年8月のアンリHubert Henry偽書(1896年に参謀本部少佐のアンリが作成した、ドレフュス有罪を補強する偽文書)の発覚によって反ドレフュス派の主張は崩壊したが、右翼によるドレフュス派の大統領ルーベmile Loubet(1838―1929)暴行事件など共和制の危機は頂点に達し、この過程で同年6月、第三共和政を支配してきた保守共和派(オポルチュニスト、日和見(ひよりみ)派)政権は崩壊して、左翼共和派(ワルデック・ルソー派)や急進派、社会主義派による左翼政権(共和制防衛内閣)が成立し、ドレフュスの特赦となった。そして「ドレフュス革命」といわれる諸変革、とくに軍の共和化、非政治化、政教分離などの内政民主化が進み、社会は「ベル・エポック(よき時代)」という名で象徴される、第一次世界大戦前の大衆社会状況に入っていく。なお、ドレフュス事件は、知識人やマスコミが政治、社会に大きな役割を演ずる画期ともなった。[中木康夫]
『渡辺一民著『ドレーフュス事件』(1972・筑摩書房) ▽ピエール・ミケル著、渡辺一民訳『ドレーフュス事件』(1960・白水社・文庫クセジュ) ▽稲葉三千男著『ドレフュス事件とゾラ』(1979・東京大学出版会) ▽大仏次郎著『ドレフュス事件』(1974・朝日新聞社) ▽ドレフュス著、竹村猛訳『ドレフュス獄中記』(1979・中央大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドレフュス事件の関連情報