コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレートン ドレートンDrayton, Michael

3件 の用語解説(ドレートンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレートン
ドレートン
Drayton, Michael

[生]1563. ウォリックシャー,ハーツヒル
[没]1631.12.23. ロンドン
イギリスの詩人。常に実験を重ね,改訂を加えて,ソネットオード,劇,叙事詩,風刺詩,牧歌,宗教詩,書簡詩,哀歌など,各種の作品を試みた。牧歌集『イデア』 Idea (1593) ,ソネット集『イデアの鑑』 Idea's Mirror (94) ,歴史詩『ピアス・ガベストン』 Piers Gaveston (93) ,『マチルダ』 Matilda (94) ,英雄詩『モーティマー物語』 Mortimeriados (96,改訂版『貴族の戦い』 The Barons' Wars) ,好評を博した長編愛国詩『多幸の国』 Polyolbion (1612~22) ,擬英雄詩的おとぎ話『妖精の宮廷』 Nymphidia (27) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドレートン【Michael Drayton】

1563‐1631
イギリスの詩人。つねに宮廷に近いところに位置して,時代の感情や思想をたくみな詩句に表現した。《イデア》(1593)はスペンサーの牧歌詩に触発された作品。ソネット集《イデアの鏡》(1594)は,理想化された女性への憧憬を14行詩に盛って,当時絶頂期を迎えていたペトラルカ風ソネット大流行の一つの里程標となっている。彼の中期の作風は,国王ジェームズ1世が政策的に高揚せしめた愛国心を反映している。大作《ポリオルビオン》(1612,22)は〈うるわしの国イギリス〉の意で,当時のイギリスの美点(と思われるもの)を,地誌的・博物誌的・歴史的視点から,えんえんと歌い続けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレートン
どれーとん
Michael Drayton
(1563―1631)

イギリスの詩人。ウォーリックシャーの商家に生まれ、長じてサー・ヘンリー・グッディア家に仕えるが、生涯の多くは不詳。詩集『イデア』(1593)のモデルは主家の娘といわれる。頌歌(しょうか)、ソネット、風刺詩、宗教詩、歴史詩と多方面に及ぶが、祖国の栄誉をたたえる風土記(ふどき)風叙事詩『多幸の国』(1612、13)がとくに知られる。[玉泉八州男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドレートンの言及

【エンディミオン】より

…1817年4~11月執筆,18年出版。オウィディウスの《転身物語》,M.ドレートンの《月影の人》(1606)などを材源とするこの詩で,牧者エンディミオンが第1部において夢の中で出会う月の女神シンシアを求めて,地下(第2部),海底(第3部),空(第4部)と彷徨し,最終部で出会う〈インドの少女〉が実はシンシアへと変身する。理想美と現実,想像力と真理との相互関係を寓喩化した作品である。…

※「ドレートン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドレートンの関連キーワード毛利隆元三河一向一揆臼杵加藤嘉明五台山トレント万暦帝フロイスエル・エスコリアルギーズ[家]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドレートンの関連情報