ドンバス(英語表記)Donbass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンバス
Donbass

正式名称はドネツ炭田 Donetsky Ugol'ny Basseyn。ドネツ盆地 Donetsky Basseynともいう。ウクライナ東部のドネツク,ルガンスク,ドネプロペトロフスクの3州,およびロシアのロストフ州にまたがる大炭田地帯。旧ドンバスは,ドネツク州を中心にドネツ川の南に約2万 3000km2の広がりをもつが,大ドンバスは西のドネプル川まで拡大し,東西 620km,南北 70~170km,総面積6万 km2をこえる。波状の平原とゆるやかな丘陵地帯から成り,最高点はドネツ丘陵の 367m。埋蔵量 (石炭は地下 1800mまで,褐炭は 600mまで) は 1280億t (1968推定) 。旧ソ連第1の炭田で,年間採掘量2億数千万t,旧ソ連の石炭産出量の3分の1強を占めていた。 1721年にこの地域で初めて石炭が発見されたが,開発は 19世紀初めまで行われず,本格的な開発は 1869年の鉄道開通後であった。第1次世界大戦前の 1913年にはロシアの石炭産出量の 87%を占めていたが,革命後クズバス (クズネツク炭田) その他の東部地域での開発が進むと,漸次その比重は減少した。採炭条件が悪く (坑道掘りの困難さと炭層の薄さ) ,産出量は 1970年代に減少したが,80年代に再び2億t台に漸増し,うちコークスが 40%を占める。石炭以外に天然ガス,水銀,岩塩,耐火煉瓦用粘土,石灰岩などの資源がある。ドンバスはまた,旧ソ連有数の工業地帯として知られていた。 1870年代より鉄冶金業が発達しはじめ,第1次世界大戦前はロシアの銑鉄の4分の3を生産していた。革命後,さらに重工業地帯として発展し,第2次世界大戦の戦災にもかかわらず復旧,その後の発達は著しかった。現在,ウクライナの鉄鋼業,重機械工業の中心地で,コークス製造による副製品と岩塩をもとに化学工業,セメント工業もあり,近年工業の一面的な発展を是正するため,食品工業や軽工業も導入されている。ドネツク,ルガンスク,ゴルロフカマケエフカクラマトルスクなど多数の都市が集中する都市集合地域であり,鉄道路線密度の高さはウクライナ第1である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドンバス

(Donbass) (ドネツ炭田の略称) ウクライナ東部からロシア連邦ロストフ地方にまたがる大炭田。ドン川支流ドネツ川の沿岸にある。一八世紀後半から採掘され、ソ連の第一次五か年計画で、クズネツクの鉄鉱と組み合わされ、重化学工業地帯を形成した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドンバスの言及

【ウクライナ】より

…(1)クリボイ・ログ地方(ドニエプロペトロフスク州) 鉄鉱石の豊富な埋蔵地で,1881年以来採鉱されており,鉄の含有率は68%に達する。(2)ドネツ炭田(ドンバスとも呼ぶ。ルガンスク州とドネツク州) 豊富な石炭埋蔵量を誇り,推定埋蔵量は635億~762億t。…

【ドネツ炭田】より

…ウクライナ東部とロシアにまたがる大炭田。ドンバスDonbassとも呼ばれる。炭田のある領域は約6万km2で,深さ1800m未満。…

※「ドンバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報