コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ロルム ド・ロルムDe l'Orme(Delorme), Philibert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ロルム
De l'Orme(Delorme), Philibert

[生]1510頃.リヨン
[没]1570.1.8. パリ
フランス・ルネサンスの代表的建築家,建築理論家。 1533~40年代ローマに留学したのちパリに定住。枢機卿 J.ベレの保護を受け,パリ郊外にサン・モールの城館 (1541頃~63) を建設。国王アンリ2世の建築家としてサン・ドニ修道院のフランソア1世の墓廟を設計 (47) ,アネの城館 (47起工) や,フォンテンブロー宮を増築 (48~59) ,王の死後,カトリーヌ・ド・メディシスの命を受けて,チュイルリー宮殿を造営 (64) 。古典主義建築の確立に寄与した。著書に『よい建物を少額で建てるための新工夫』 Nouvelles Inventions pour bien bastir et à petits fraiz(61),『建築の最良の書』 Le Primier Tome de l'architecture de Philibert de L'Orme(68)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ド・ロルムの関連キーワードユゴーピロン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android