コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーハ Doha; Ad-Dawhah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーハ
Doha; Ad-Dawhah

カタールの首都。ペルシア湾に面するカタール半島の東岸にある商業都市で貿易港。従来は真珠採取,漁業が行なわれていた小さな港であったが,1940年に油田が発見され,第2次世界大戦後開発されて以来,豊富な石油収入で近代化が実現した。海水を蒸留した水や電力が供給され,遠洋航海船舶用の近代的な港湾の完成によって,この都市の重要性は高まった。トルコ時代の古い城塞 (1850) がある。人口 52万1283(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーハ

カタールの首都。アラビア語ではダウハ。ペルシア湾岸カタール半島東岸の港湾都市で,西岸の石油産地の中心ドゥハーンと道路で結ばれる。行政の中心で,カタール国立銀行はじめ諸金融機関が集中。
→関連項目アルジャジーラカタール(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドーハ【Doha】

アラビア半島東部,ペルシア湾に面するカタル国の首都。人口31万4000(1990)。アラビア語では,ダウハal‐Dauḥa。カタル半島の東岸に位置し,19世紀の前半ごろからアラビア半島からの移住者が増加し,今日のドーハの基礎となった都市ビタal‐Bitaが1822年につくられた。国際空港および商業港がある。【冨岡 倍雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドーハ【Doha】

カタール国の首都。アラビア半島の北東部、ペルシャ湾に臨む港湾都市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーハ
どーは
Doha

カタールの首都。アラビア半島北東部、カタール半島東岸に位置し、アラビア湾(ペルシア湾)に面する港湾都市である。人口26万4009(1997センサス)、30万8800(2002推計)で、同国の人口の大部分が集中している。石油開発ブーム以降、近隣諸国から多くの外国人労働者が流入した。伝統的な真珠採集、漁業、金属細工業にかわり、近年は商業・貿易都市としての比重が高まった。また、近代的経営方式による農・漁業のほか製鉄、化学肥料、天然ガス、石油化学などの工業化にも力を入れている。[原 隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーハの関連キーワード多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)非貿易的関心事項(NTC)クリスチャン カントウェルWTOとドーハ・ラウンドバヒト サルセクバエフFTA・EPAとWTOアマントル モンショーウムスラルモハメッドジョホールバルの歓喜ダヴィド シュトールドーハ開発アジェンダホセイン レザザデロベール メナール2020年五輪招致ファン ギョンソンドーハ開発ラウンドホールアルウデイドリー チョンウェイ新ドーハ国際空港ドーハ・ラウンド

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドーハの関連情報