コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドービニー ドービニーDaubigny, Charles-François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドービニー
Daubigny, Charles-François

[生]1817.2.15. パリ
[没]1878.2.19. パリ
フランスの画家,版画家。バルビゾン派の一人。 1835~36年イタリアへ旅行し,38年の『パリのノートルダム』以来パリのサロンに作品を発表。 40年 P.ドラローシュのもとで歴史画を描くが6ヵ月後辞して,以後風景画に専念。 53年作品が皇帝に買上げられてから画家としての地位を確立。同年親友の J.コローの影響により戸外で制作し,また 57年から小舟の上にアトリエを構えオアーズ川やセーヌ川をめぐって制作し,水の描写にすぐれた作品を残した。バルビゾン派の画家のなかでは最も大きな影響を印象派に与えた。代表作『オアーズの岸辺』 (1872) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドービニー

フランスの画家。パリ生れ。美術家一家に育ち,イタリア旅行後,ポール・ドラローシュに入門。のちバルビゾン派に参加,平明な自然風景を描いた。代表作は《オワーズ川の日没》(1865年,オルセー美術館蔵)など。
→関連項目フォンタネージレビタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドービニー【Charles François Daubigny】

1817‐78
フランスの風景画家。パリの職人の家系に生まれ,幼いころからデッサンに親しむ。イタリアにも旅行したが,ルーブルでオランダ風景画の研究に没頭し,とくにロイスダールホッベマを好む。またバルビゾン(バルビゾン派)やモルバンなどで戸外制作を行って自然と親しんだ。1838年よりサロン(官展)に出品し,その穏やかで詩情あふれる画風で年長の友人コローとともに好評を得る。しかし船の中にアトリエをしつらえて川の光に満ちた情景を描くうちにパレットはしだいに明るさを増し,61年にはすでに筆触の細かい,印象派を予告するものを描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ドービニー

生年月日:1802年9月6日
フランスの古生物学者,層序学者
1857年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のドービニーの言及

【バルビゾン派】より

…名称は,パリの南東郊,フォンテンブローの森のはずれの村バルビゾンに由来する。T.ルソーは1847年より,ミレーは1849年よりこの村に定住し,ほかにジャックCharles Jacque(1813‐94),ドービニー,ディアズNarcisse Diaz de la Peña(1807‐76)らが長期ないし短期間住んで,ともに風景画の制作に励んだ。バルビゾン派の起源は,フランス国内ではG.ミシェル,バランシエンヌP.H.de Valenciennes,コローらの風景画が,構成された理想風景からしだいに離れて,自然観察をもとに現実の風景美をたたえるようになったこと,さらにはこのような流れをさかのぼると17世紀オランダの風景画があり,自国のありのままの自然をうたいあげるロイスダール,ホッベマ,ファン・オスターデらの作品が彼らを魅了したことが考えられる。…

※「ドービニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドービニーの関連キーワードピサロ(Camille Pissarro)モネ(Claude Monet)リンカーン(伯家)リアリズム[美術]2月15日生年月日ジュラ紀外光派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドービニーの関連情報