コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーフィネ Dauphiné

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーフィネ
Dauphiné

フランス南東部のローヌ川からイタリア国境に及ぶ地方。旧州名。イゼール,ドローム,オートザルプ3県から成る。一般に山岳部の高ドーフィネと,ローヌ川,イゼール川間の低ドーフィネに分けられる。高ドーフィネの主産業は観光と牧畜,低ドーフィネでは穀類,タバコなどの栽培と乳牛飼育,繊維工業などが行われている。おもな都市はグルノーブル,バランス,ビエンヌ。9~10世紀を通じてプロバンス王国およびアルルの諸王国に属し,名目上は神聖ローマ帝国の一部となっていたが,1349年フランス王フィリップ6世に売却され,78年以降,神聖ローマ帝国の宗主権は正式に否認され,以後歴代フランス王の長子の所領地となった。ルイ 11世以後はこの制度も廃止され,グルノーブル議会の管轄下の一州となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーフィネ

フランス南東部の旧州名。グランド・シャルトルーズ山地とデュランス川に挟まれ,山がちのオー・ドーフィネ地方と,イゼールとローヌの両流に挟まれた平野部のバ・ドーフィネ地方から成る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドーフィネ【Dauphiné】

フランス南東部の旧州名。リヨンの南東部に位置し,現在のイゼール,オート・ザルプ,ドローム県の大部分とアン県の一部の範囲に相当する。中心都市はグルノーブル
[自然]
 北と西側はローヌ川によって画され,南側はデュランス川,東側はモリエンヌ地方とイタリアに接する。北部はアルプス地方でも湿潤な地域であり,南に下るにしたがって地中海式気候の影響を受けて乾燥した気候になる。この地方を東西方向に見ると,東部は山の多い地帯であり,フランス・アルプスの中央部に位置し,別名ドーフィネ・アルプスとも呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドーフィネの関連キーワードブルー・デュ・ヴェルコール・サスナージュジャン・マルク ベルナールバノン・ア・ラ・フイユサン・マルスランクリス フルームルイ(11世)オートザルプ県クリテリウムオーベルニュベルリオーズスタンダールイゼール県ルイ11世ドロミューマンドラン慈悲の友会リオンヌファレルバヤールムーニエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android