コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・カンドル Alphonse Louis Pierre Pyrame de Candolle

2件 の用語解説(ド・カンドルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ド・カンドル【Alphonse Louis Pierre Pyrame de Candolle】

1806‐93
スイスの植物学者で,オーギュスタンの子。パリで生まれ,ジュネーブで死去。ジュネーブ大学教授を務めたことがある。比較形態学,植物分類学,植物地理学などの研究をすすめ,とくに植物の分布が栄養・温度と関係が深いことを明らかにし,生態的地理学の基礎を築いた。それらの成果を土台とし,さらに植物学のみならず,考古学,言語学の知見も加えて,1855年《合理的植物地理学》を公にした。その書の1章(栽培植物の系統に関する章)を拡大し,83年有名な《栽培植物の起源》を刊行した。

ド・カンドル【Augustin Pyrame de Candolle】

1778‐1841
スイスの植物学者。ジュネーブ生れで,幼いときから植物を研究し,1805年にはラマルクの《フランス植物誌》を校訂して第3版を出版した。08年フランスのモンペリエ大学植物学教授となり,当時もっとも新しい植物学書の《基礎植物学原論》(1813)を出版,ついで《植物器官学》(1827),《植物生理学》(1832)を著し,植物形態学生理学の指針を示した。16年にジュネーブに帰り,そこに植物園や自然史博物館をつくり,公立図書館,美術館の創立にもたずさわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のド・カンドルの言及

【栽培植物】より

…その点で栽培植物の起源を明らかにすることは,人類文化史の重要な一面の解析であるといっても過言でない。 栽培植物の起源について総合的に論じた最初の近代的研究は,1883年に刊行された,スイスの偉大な植物学者A.ド・カンドルの著書《栽培植物の起源L’origine des plantes cultivées》である。この著書の中でド・カンドルはおのおのの植物が栽培化される前はどのような状態であったか,とくにその発祥地について今まで信じられていた個々の植物についての意見は,ギリシア・ローマ時代にまでさかのぼって訂正すべきであると考えた。…

【維管束植物】より

…体内に維管束をもつ植物群の総称で,シダ植物,裸子植物および被子植物を含む。ド・カンドルA.P.de Candleが1813年に非管束植物cellularesと対比させて用いたが,そちらの方は流布しなかった。しばしば高等植物と呼ばれることがある。…

【裸子植物】より

…ジュシューA.L.de Jussieuは植物界を子葉を標徴として,双子葉類,単子葉類,無子葉類の3群に分類したが(1789),裸子植物は双子葉類に編入されていた。ド・カンドルA.P.de Candolleも,それらを双子葉類といっしょにしていた(1813)。裸子植物を今日のように,種子(胚珠)が心皮(心房)に包まれていない植物として正しく認識したのは,ブラウンR.Brownである(1827)。…

※「ド・カンドル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ド・カンドルの関連キーワードグレーゲスナーサージェントシュライデン植物学ホフマイスターマキシモビッチ岩槻邦男二階重楼原寛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone