コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイアシン(ニコチン酸) ないあしんにこちんさん

1件 の用語解説(ナイアシン(ニコチン酸)の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ないあしんにこちんさん【ナイアシン(ニコチン酸)】

炭水化物、脂質の代謝に不可欠なほか、血液の循環促進、脳神経の活動促進、性ホルモンの合成などをになっています。不足すると口内炎や食欲不振、不安感などの症状が現れます。たらこ、カツオムロアジマグロレバーピーナッツなどに多く含まれています。成人1日あたりの所要量は男性16~17mgNE、女性13mgNE、上限30mgです。(NE:ナイアシン当量

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ナイアシン(ニコチン酸)の関連キーワード水化物炭水化物根肥脂質代謝脂質代謝障害炭水化物分解試験内因性代謝ヒドロキシメチルフルフラール不消化炭水化物初乳 (colostrum)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone