コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイチンゲール ナイチンゲール Nightingale, Florence

11件 の用語解説(ナイチンゲールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイチンゲール
ナイチンゲール
Nightingale, Florence

[生]1820.5.12. フィレンツェ
[没]1910.8.13. ロンドン
イギリスの看護師,病院および医療制度の改革者。イギリスの富裕な家庭の娘として成長,ドイツのカイゼルスウェルトのプロテスタント・ディアコニッセ学院で看護師教育を受けた。 1844年以後,医療施設に強い関心をもち,ヨーロッパエジプト各地を見学,1853年ロンドン淑女病院看護師長になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

サヨナキドリ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナイチンゲール(Florence Nightingale)

[1820~1910]イタリア生まれの英国の看護婦。クリミア戦争のとき、多くの看護婦を率いて傷病者の救護にあたり、「クリミアの天使」とよばれた。その後も病院・看護施設の創設・改善に努力し、看護婦の教育制度を整えた。著「看護ノート」。

ナイチンゲール(nightingale)

ヒタキ科ノゴマ属の鳥。全長16センチくらい。背面は暗灰褐色で腹は白い。早朝・夕方や月明かりの夜などによく鳴く。ヨーロッパに分布し、春の鳥として知られる。さよなきどり。よなきうぐいす。よるうぐいす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナイチンゲール

英国の看護婦。1854年クリミア戦争に際し,篤志看護婦を率いて野戦病院で活躍。帰国後,ロンドンの著名な病院聖トマス病院にナイチンゲール看護学校を設立するなど,多くの病院・施設の開設や改善に努力し,近代的看護技術の開拓者となった。
→関連項目ユスキュダル

ナイチンゲール

サヨナキドリとも。ヒタキ科の鳥。コマドリやノゴマの近縁で,大きさはスズメくらい。背面は灰褐色で尾は赤みが強い。ヨーロッパ中南部〜北アフリカ中央アジアに分布。調子の高い明るい声で夜間にもさえずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ナイチンゲール

アントニオ・ストラディバリ製作によるバイオリン。1717年製。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナイチンゲール【nightingale】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。サヨナキドリ呼ばれることも多い。全長約17cm,全体に褐色のじみな羽色をして尾が強く赤みを帯びる。西ヨーロッパおよび北アフリカから中央アジアに繁殖し,秋・冬季にはアフリカに渡る。落葉広葉樹林や大きな庭園などにすみ,おもに地表付近を移動しながら昆虫をとって食べる。美しい声でさえずることでよく知られ,ヨーロッパの三名鳥の一つに数えられている。ヨーロッパの文学作品に登場することも多い。

ナイチンゲール【Florence Nightingale】

1820‐1910
看護婦で病院改良家。イギリス人の裕福な両親がフィレンツェに滞在しているときに生まれ,それにちなんでフローレンスと名づけられた。諸国の病院を訪れ,ことにドイツのデュッセルドルフ郊外にフリードナーTheodor Fliedner(1800‐64)の設立したプロテスタント婦人奉仕団病院で正規の看護婦訓練を受け,当時看護活動が技術無視の召使仕事と解せられた時代にあって,高度訓練を受けた看護婦がいかに重要であるかを学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナイチンゲール【nightingale】

スズメ目ツグミ科の小鳥。全長約16センチメートル。背面は茶褐色、胸腹面は淡褐色。雄は春から夏にかけて、昼夜をとわず美しくさえずり、文学作品にもよく登場する。ヨーロッパ中部・南部から中央アジアにかけて分布。冬はアフリカ中部に渡る。サヨナキドリ。ヨナキウグイス。

ナイチンゲール【Florence Nightingale】

1820~1910) イギリスの看護婦。クリミア戦争に従軍して傷病兵を献身的に看護。看護婦の名誉と社会的地位を高め、赤十字運動の機運をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナイチンゲールの言及

【看護学】より

…これら看護学の三つの領域は独自に発展するものではなく,相互に影響を及ぼし合っている。 欧米における看護学の発展の歴史をみてみると,1859年にF.ナイチンゲールが《看護覚書》を著し,それまでの経験主義的看護に科学性を追求し,看護を学問として構築する礎を築いた。その後アメリカにおいて,1950年代から,看護を学問として理論化する動きが幾人かの看護研究の先駆者たちによって行われてきた。…

【制服】より

… 産業革命以降,機械工業の発達は職種,職業をあらわす制服や作業衣の普及を促した。女子労働者の制服の先駆けをつくったのはナイチンゲールで,1860年ころ,彼女の病院で働く看護婦に当時流行していたクリノリンの着用を禁止し,スカートの上から白いエプロンをつけさせた。また医師や料理人の白衣は,その清潔なイメージから20世紀に入って広まった。…

※「ナイチンゲール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナイチンゲールの関連キーワードキクイタダキ鮫鶲紅雀ジョウビタキ(常鶲)センニュウ(仙入)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)ムギマキ(麦蒔)モズヒタキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナイチンゲールの関連情報