コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイルチドリ ナイルチドリPluvianus aegyptius; Egyptian plover

4件 の用語解説(ナイルチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイルチドリ
ナイルチドリ
Pluvianus aegyptius; Egyptian plover

チドリ目ナイルチドリ科。ワニチドリともいう。全長 22cm。頭部から背は黒く,白色の長い眉線がある。風切は黒く,のほかの部分は灰青色。尾は黒く,先端に白帯がある。胸腹部は黄褐色で,胸に肩から伸びる黒い横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナイルチドリ

ワニドリ,ワニチドリとも。ツバメチドリ科の鳥。翼長13cm。翼は灰色で,頭部や体側,背面には黒い筋がある。ナイル川沿岸など水辺に生息。おもに地上で生活し,速く走る。
→関連項目ツバメチドリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナイルチドリ【Egyptian plover】

チドリ目ツバメチドリ科の鳥。ワニチドリ(英名crocodile plover)とも呼ばれる。全長約22cm。エジプトから熱帯西アフリカおよびアンゴラにかけて分布する。頭上,過眼線,胸帯,背は黒く,翼と尾は灰色,のどから胸と,腹は淡黄褐色である。川の砂州や岸にすみ,地上で生活し,速く走る。ワニが口を開けて待っていると飛んできて歯の間をそうじするといい伝えられているが,これは事実ではないようである。1腹2~3個の卵を砂に埋めて産み,その上でうずくまって抱卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイルチドリ
ないるちどり
Egyptian plover
[学]Pluvianus aegyptius

鳥綱チドリ目ツバメチドリ科の鳥。アフリカに分布し、ナイル川沿岸で普通にみられる。古代ファラオ文明の遺跡にはよくこの鳥が描かれている。全長21センチメートル。上面は灰色、下面は淡黄褐色。頭、過眼線、後頸(こうけい)から背は黒色。白い眉斑(びはん)とU字形の緑黒色の胸バンドをもつ。嘴(くちばし)は短く太めで、足の指は3本である。川の砂州や岸辺にすむ。産んだ卵には砂をかけ、その上から抱卵する。本種はワニの背を歩くことがあるのでワニチドリの名をもつが、ワニの口の中で歯の間の肉片や食物のかすを取り除くという習性については、学者による確認はなく単なる言い伝えと思われる。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone