ナザレ(読み)なざれ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナザレ(ガリラヤ地方)
なざれ
Nazareth英語
Nazartギリシア語

ガリラヤ地方南境の町。『旧約聖書』、ユダヤの歴史家ヨセフス(37―100)の著作および『タルムード』には言及されていないが、『新約聖書』によればイエスの両親ヨセフとマリアの住んでいた所(「ルカ伝福音(ふくいん)書」1章26節以下)、研究者たちの所見によればイエスがバプテスマのヨハネから洗礼を受けるまで住んでいた(「マルコ伝福音書」1章9節)、彼の生まれ故郷である(「ルカ伝福音書」4章24節)。同地には「マリア受胎告知教会」があり、古い伝承によればヨセフの家の跡に同教会が建立された、といわれる。[定形日佐雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナザレの関連情報