コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナザレ派 ナザレはNazarener

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナザレ派
ナザレは
Nazarener

19世紀初頭にドイツの若い画家たちが起した芸術改革運動の団体。ドイツ宗教美術の改革を意図して,F.オーバーベック,F.フォルらが 1809年ウィーンで宗教的共同生活団体「ルーカスブリューダー」を創立,翌 10年ローマに行き聖イシドロの廃寺で生活し,中世の工房を理想として共同制作を行なった。のちに P.コルネリウス,W.シャードーなどが参加している。ルネサンスの絵画,特にペルジーノ,初期のラファエロの作品を規範とした。このグループの過剰な宗教性を揶揄して「ナザレ派」と呼んだのがこの名の由来。ラファエル前派に多大な影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナザレ‐は【ナザレ派】

19世紀初頭、古典主義への反動として興ったドイツの画派。初期ルネサンス絵画に範をとり、宗教画の復興を企図した。オーベルベック・プフォル・コルネリウスなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナザレ派【ナザレは】

19世紀ドイツ・ロマン派の画家グループ。ドイツ語Nazarener。アカデミックな新古典主義に対する反発から,ルネサンス美術への回帰を提唱。ローマのほとんど廃屋となっていたサンティシドロ修道院にこもり,修道士のようなきびしい共同生活を送った。
→関連項目イワーノフリヒターロマン主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナザレは【ナザレ派 Nazarener】

ドイツ・ロマン派の画家の一群。1809年オーバーベック,フォルFranz Pforr(1788‐1812)らウィーン・アカデミーの学生6人がアカデミズムに反対して〈聖ルカ兄弟団〉を結成,中世の画家のような宗教への奉仕と共同制作を目ざして,翌年ローマのサンティシドロ修道院跡に移り住んだ。その異様な風体からナザレ派とあだ名される。彼らの精神的・理論的基盤として,ワッケンローダーWilhelm Heinrich Wackenroder(1773‐98)の《芸術を愛する修道僧の心情吐露》(1797)や,芸術の目的を宗教的象徴に置き,15~16世紀前半のイタリア,フランドル,ドイツのいわゆるプリミティブ絵画の模倣を勧めカトリシズムへの回帰を説くF.シュレーゲルの《パリ・オランダ絵画通信》(1803‐05)が挙げられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ナザレは【ナザレ派】

一九世紀初頭、古典主義に反対して新しい宗教画をめざしたドイツ浪漫主義画家の一派。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナザレ派
なざれは
Nazarener

ドイツ19世紀初頭の画家グループ。ドイツ中世とイタリア初期ルネサンスを範として宗教画の復興を企図する。1809年オーフェルベックFriedrich Overbeck(1789―1869)とプフォルFranz Pforr(1788―1812)によってウィーンに教団的性格をもつグループとして発足、翌年ローマの廃屋化したサン・イシドロ修道院に移住する。コルネリウスPeter Cornelius(1783―1867)、カロルスフェルトSchnorr von Carolsfeld(1793―1872)、ファイトPhilipp Veit(1793―1877)、シャドーWilhelm von Schadow(1789―1862)らをメンバーに加え、画僧として厳格なカトリシズムの戒律の下に共同制作を行う。当時の人は彼らをあざけってナザレ人(びと)とよんだが、彼らはこの蔑称(べっしょう)を進んでグループ名とした。初期ルネサンスの素朴への復帰、色彩によるロマン派的情感の鼓吹と並んで、中世の共同制作の精神を復活しての壁画による記念碑的視覚の開拓は、当代ドイツ美術への彼らの貴重な貢献であり、19世紀後半のドイツ美術にも大きな影響を与えた。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナザレ派の言及

【オーバーベック】より

…リューベック生れ。アカデミーの教育内容に失望,敬虔(けいけん)な心情に基づく宗教画の再生を図り,1809年意を同じくする仲間と〈聖ルカ兄弟団〉を結成し,翌年ローマに移住,ナザレ派と呼ばれる芸術共同体の中心的存在として〈絵において祈る〉ことを課題に制作した。ペルジーノ,ラファエロに負う画風は端整で抒情的だが晩年に硬化。…

【ドイツ美術】より

…19世紀初頭前後の絵画は,メングスやカルステンスらの古典主義よりも,オーバーベックやF.フォルのロマン主義によって彩られる。彼らはアカデミックな美術に反対して,ラファエロやデューラーに帰ることを唱え,ローマの修道院遺構に起居しながら,深い宗教的感情のなかで制作した(ナザレ派)。そして北方の2人の画家フリードリヒとルンゲの風景画と肖像画とにおいて,ロマン主義絵画はそのもっとも感動的な表現を見いだす。…

※「ナザレ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナザレ派の関連キーワードシュノール・フォン・カロルスフェルトジュッセルドルフ派使徒キリスト教会ナザレ人福音書ロマン主義美術キリスト教美術ドイツ美術ラファエルフューリヒ象徴主義ブラウンワスマンダイス一派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android