コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタマメ

3件 の用語解説(ナタマメの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ナタマメ

 [Canavalia gladiata].マメ目マメ科ナタマメ属の植物の種実で,さやを食用にする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナタマメ

熱帯アジア原産のマメ科のつる植物。葉は大型の3小葉からなり,夏に葉腋に淡紅紫または白色の蝶(ちょう)形花を開く。莢(さや)は20〜30cmに発育し成熟すると堅くなって10個ほどの種子を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナタマメ
なたまめ / 鉈豆・刀豆
[学]Canavalia gladiata (Jacq.) DC.

マメ科の多年草。日本など温帯では霜で枯れるので、一年生となる。熱帯アジア原産で、とくにインドに多く栽培される。日本へは江戸初期に伝来した。茎はつる性で長く、3小葉からなる複葉を互生する。小葉は長さ18センチメートルに達する。夏、葉腋(ようえき)に花序をつくり、長さ3.5センチメートルと大きい蝶形(ちょうけい)の白色花または紅色花を開く。莢(さや)は肉厚で長さ約25センチメートル、幅約5センチメートル。この莢の形が鉈(なた)に似るのでナタマメの名がついた。種子は8~16個あり、長球形で長さ約3センチメートル、紅色で、白色のものもある。若莢を野菜として煮食するが、とくに若莢のスライスを福神漬けにしたり、粕(かす)漬けやみそ漬けにする。花は酢漬けにし、赤色や緑色に染め、料理のつまとする。種子は、近縁のタチナタマメ同様、有毒成分であるカナバリンcanavalinを含むので、煮だして除毒し、煮豆とする。炒(い)ってコーヒーの代用ともする。春に種子を播(ま)き、秋に収穫する。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナタマメの関連情報