コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタマメ

3件 の用語解説(ナタマメの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ナタマメ

 [Canavalia gladiata].マメ目マメ科ナタマメ属の植物の種実で,さやを食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナタマメ

熱帯アジア原産のマメ科のつる植物。葉は大型の3小葉からなり,夏に葉腋に淡紅紫または白色の蝶(ちょう)形花を開く。莢(さや)は20〜30cmに発育し成熟すると堅くなって10個ほどの種子を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナタマメ
なたまめ / 鉈豆・刀豆
[学]Canavalia gladiata (Jacq.) DC.

マメ科の多年草。日本など温帯では霜で枯れるので、一年生となる。熱帯アジア原産で、とくにインドに多く栽培される。日本へは江戸初期に伝来した。茎はつる性で長く、3小葉からなる複葉を互生する。小葉は長さ18センチメートルに達する。夏、葉腋(ようえき)に花序をつくり、長さ3.5センチメートルと大きい蝶形(ちょうけい)の白色花または紅色花を開く。莢(さや)は肉厚で長さ約25センチメートル、幅約5センチメートル。この莢の形が鉈(なた)に似るのでナタマメの名がついた。種子は8~16個あり、長球形で長さ約3センチメートル、紅色で、白色のものもある。若莢を野菜として煮食するが、とくに若莢のスライスを福神漬けにしたり、粕(かす)漬けやみそ漬けにする。花は酢漬けにし、赤色や緑色に染め、料理のつまとする。種子は、近縁のタチナタマメ同様、有毒成分であるカナバリンcanavalinを含むので、煮だして除毒し、煮豆とする。炒(い)ってコーヒーの代用ともする。春に種子を播(ま)き、秋に収穫する。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナタマメの関連キーワードデリスヤムヨウサイ八升豆レンズ豆鉈豆ソラマメツルムラサキツルレイシ小笠原の外来植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナタマメの関連情報