コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナフチルアミン ナフチルアミン naphthylamine

3件 の用語解説(ナフチルアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナフチルアミン
ナフチルアミン
naphthylamine

化学式 C10H7NH2 。α-ナフチルアミンとβ-ナフチルアミンの2種がある。α体は融点 50℃,亜硝酸の発色定量試薬として用いられる。β体は融点 113℃。いずれのナフチルアミンも発癌性があるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナフチルアミン

ナフタレンの第一アミン。化学式はC1(/0)H7NH2。α‐,β‐の2異性体がある。α‐(または1−)ナフチルアミンは融点49.2〜49.3℃,沸点299.4〜299.7℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナフチルアミン
なふちるあみん
naphthylamine

芳香族アミンの一つ。ナフタレンアミノ基-NH2置換体。アミノナフタレン、ナフタレンアミンなどともいう。アミノ基の位置により2種の異性体がある。
(1)1-ナフチルアミン α(アルファ)-ナフチルアミンともいう。無色の結晶。空気にさらすと赤紫色に変化する。1-ニトロナフタレンを鉄と塩酸で還元して合成する。水にはほとんど溶けないが、エタノール(エチルアルコール)、エーテルにはよく溶ける。染料の原料として利用されている。発癌(はつがん)性物質である。
(2)2-ナフチルアミン β(ベータ)-ナフチルアミンともいう。融点110.1~110.2℃、沸点306.1℃。無色の結晶。空気中では紫赤色に変化する。2-ナフトールにアンモニアと亜硫酸アンモニウムを加圧下、加熱して反応させると得られる(ブッヘラー反応)。水蒸気蒸留を受け、冷水にはほとんど溶けないが、熱水には溶ける。エタノール、エーテルにもよく溶ける。染料の合成に利用される。発癌性物質である。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナフチルアミンの関連キーワード酢酸エチルナフトールメチルエーテルテトラエチル鉛臭化エチルアセナフチレンナフチルナフチル基メチルβ-ナフチルケトンニトロナフタレン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone