コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラタケ

4件 の用語解説(ナラタケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ナラタケ

 [Armillariella mella].ハラタケ目キシメジ科ナラタケ属の食用キノコ.径3〜10cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナラタケ

キシメジ科のキノコ。世界に広く分布し,日本ではナラなどの広葉樹の根元に群生する。かさは径5〜15cm,ほぼ平らに開き,飴色から黄褐色,はじめ中央部に鱗片があるが後に平滑となる。
→関連項目オニノヤガラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナラタケ【Armillariella mellea (Fr.) Karst.】

担子菌類ハラタケ目キシメジ科の食用キノコ(イラスト)。全世界に分布する最もふつうのキノコの1種で,各地で食用にされるが,また林木,コーヒー,チャ,ゴム,果樹,庭木などの根を侵して木を枯らす病原菌としても広く知られる。この病気をナラタケ病という。キノコは立木,枯れた木の根もと,また切株や倒木などに束になって生え,多数群生する。個々のキノコは高さ5~15cm,かさは直径5~15cm,ほぼ平らに開く。表面はあめ色~淡黄褐色,中央部には細かいささくれがあり,周辺部には放射状のみぞ線がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナラタケ
ならたけ / 楢茸
[学]Armillaria mellea (Vahl:Fr.) Kummer

担子菌類、マツタケ目キシメジ科の食用キノコ。傘は5~12センチメートル、丸形から平らに開く。傘の色は飴(あめ)色ないし淡黄褐色で、中心部に暗色の細かいささくれを帯び、周辺部には放射状の筋(すじ)がある。ひだは黄白色で、茎に垂生。茎にはつばがあり、つばから下は黒みを帯びる。胞子紋は白い。発生期は初夏から晩秋で、世界各地に分布する。多くの国で食菌として親しまれ、日本では、オリミキ、ボリボリ、サワモタシ、ハバキタケ、アシナガなど多数の地方名がある。普通、立ち木や立ち枯れした木の根元に束になって群生する。ナラタケは樹木の病原菌としても知られ、林木、果樹、庭木などを枯らす。その対象となる木は600余種にも上る。これをならたけ病といい、菌は根から侵入して樹皮の下の形成層を侵していく。ならたけ病で枯れた木の樹皮下には、黒色で光沢のある根状菌糸束が形成され、これによってナラタケは長い年月生き延びていく。この特徴からヨーロッパには靴の紐茸(ひもたけ)shoe string mushroomのような俗名がある。また、オニノヤガラ、ツチアケビなどの無葉緑のランは、ナラタケ菌と共生して特殊な菌根をつくり、ナラタケ菌に助けられて生活する。なお、新鮮なナラタケの茎の根元の肉または菌糸は、ときに弱い発光性を示すという報告がある。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナラタケの関連キーワード担子菌類ホンシメジ紫湿地黄占地千本占地シメジシロタモギダケスギヒラタケハラタケフクロタケ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナラタケの関連情報