コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワシロイチゴ

百科事典マイペディアの解説

ナワシロイチゴ

日本全土の岡や土手などに多いバラ科の落葉小低木。キイチゴの一種で,茎は高さ30cm内外,とげがある。葉は先が鈍く鋸歯(きょし)のある3〜5小葉からなり,下面は密に綿毛があって白色となる。花は5〜7月,数個ずつつき,径約1cm,花弁は5枚,淡紅色で小さく,内向きに立って,平開はしない。果実は赤熟し,食べられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナワシロイチゴ
なわしろいちご / 苗代苺
[学]Rubus parvifolius L.

バラ科キイチゴ属の落葉低木。茎はつる状となってはい、全体に刺(とげ)がある。葉は互生し、3出複葉、まれに5小葉からなる羽状複葉。小葉は菱(ひし)状円形から広卵形、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。葉裏は白い軟毛があるか、またはない。5~7月、前年の茎から出た新枝の先に、淡桃色で径約1.5センチメートルの5弁花を数個開く。花弁は直立し、雄しべに寄り添う。集合果は球形で赤く熟し、食べられる。低地から山地に普通に生え、日本全土、および千島、朝鮮半島、中国、ベトナムに分布する。名は、苗代のころ(6月)に果実が熟すことによる。伸長した茎の先端が着地して発根し、新しい株となる。果実が黄熟する品種をキミノナワシロイチゴというが、珍しい。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナワシロイチゴの言及

【キイチゴ(木苺)】より

… 日本の野生種の主要なものには,次のような種がある。苗代の頃に実がなるナワシロイチゴR.parvifolius L.(イラスト)は,全国の原野や低山地に見られ,葉は3出葉で,果実は赤色である。カジノキの葉に似た葉をもつカジイチゴR.trifidus Thunb.(イラスト)は,植物体にとげはなく,海岸近くに分布する。…

※「ナワシロイチゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android