コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンテン(南天) ナンテンNandina domestica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンテン(南天)
ナンテン
Nandina domestica

メギ科の常緑低木。インドおよび中国の原産。日本では栽培されたものが広がり中部以南の山野に自生する。高さ 2mぐらいでほとんど分枝せず,葉は茎先に集ってつく。大型で3回羽状複葉となり,小葉は披針形ないし細めの楕円形で長さ3~7cmある。6月頃,茎頂に円錐花序を直立し,白色6弁の星形の小花を多数つける。晩秋に球形の果実が赤く熟し,紅葉も美しいので観賞用として庭木,鉢植にされる。園芸品としては実の白いシロナンテン,淡紫色のフジナンテンなどがあり,ほかに小葉が密生し切り花によいササバナンテンなどもあるが,種としては1属1種で,ときにはメギ科から独立してナンテン科とされることもある。果実を干して鎮咳剤として用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナンテン(南天)【ナンテン】

中国と日本中部以西に分布するメギ科の常緑低木。日本のものは自生かどうかはっきりしない。庭木,切花,鉢植にされる。茎は群出し,高さ2m内外に直立する。葉は3回羽状複葉で,小葉は狭卵〜披針形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナンテン【ナンテン(南天) nandin】

生垣,庭木として日本人にはなじみ深い,赤い果実が特徴的なメギ科の常緑低木(イラスト)。高さ1~3m,株は叢生(そうせい)する。茎はあまり太くならない。葉は,数回羽状複葉で互生し,小葉は長さ3~7cm,春の芽ぶき時や秋~冬にかけて,紅くなる傾向がある。初夏,茎の先端に大型の円錐花序をつける。花は白色で,多数の鱗片状の萼片,6枚の花弁,6本のおしべ,1本のめしべからなる。葯は他のメギ科植物と異なって,縦裂開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone