コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンテン(南天) ナンテン Nandina domestica

3件 の用語解説(ナンテン(南天)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンテン(南天)
ナンテン
Nandina domestica

メギ科の常緑低木。インドおよび中国の原産。日本では栽培されたものが広がり中部以南の山野に自生する。高さ 2mぐらいでほとんど分枝せず,葉は茎先に集ってつく。大型で3回羽状複葉となり,小葉は披針形ないし細めの楕円形で長さ3~7cmある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナンテン(南天)【ナンテン】

中国と日本中部以西に分布するメギ科の常緑低木。日本のものは自生かどうかはっきりしない。庭木,切花,鉢植にされる。茎は群出し,高さ2m内外に直立する。葉は3回羽状複葉で,小葉は狭卵〜披針形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナンテン【ナンテン(南天) nandin】

生垣,庭木として日本人にはなじみ深い,赤い果実が特徴的なメギ科の常緑低木(イラスト)。高さ1~3m,株は叢生(そうせい)する。茎はあまり太くならない。葉は,数回羽状複葉で互生し,小葉は長さ3~7cm,春の芽ぶき時や秋~冬にかけて,紅くなる傾向がある。初夏,茎の先端に大型の円錐花序をつける。花は白色で,多数の鱗片状の萼片,6枚の花弁,6本のおしべ,1本のめしべからなる。葯は他のメギ科植物と異なって,縦裂開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナンテン(南天)の関連キーワードハス(蓮)幼馴染み御馴染み顔馴染み親しみ深い慎み深い馴染み金馴染み深い古馴染みおさななじみ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone