ナンテン(読み)なんてん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンテン
なんてん / 南天
[学]Nandina domestica Thunb.

メギ科の常緑低木。茎は叢生(そうせい)する。葉は大形の数回羽状複葉、小葉は披針(ひしん)形で全縁。6月ころ、茎の先に大形の円錐(えんすい)花序をつくり、多数の白色花を開く。萼片(がくへん)、花弁とも3枚ずつ輪生し、萼片は多数、花弁は6枚で光沢がある。雄しべは6本、葯(やく)は縦に裂ける。雌しべは1本、子房は1室で2、3個の胚珠(はいしゅ)がある。果実は球形、赤くてよく目だつ。果実の白い品種をシロミナンテンという。中国では野生するものが知られるが、日本産のものは野生か栽培の逸出したものかはっきりしない。ナンテンは、メギ科のなかでは、花被片(かひへん)の諸性質、胚珠や、花粉の形態、染色体数などにおいて特異で、ナンテン科として別科にする見解もある。ただしメギ科を特徴づける雌しべの構造においては、ほかの属と本質的に変わらない。[寺林 進]

文化史

ナンテンは鎌倉時代から記録され、藤原定家(ていか)は1230年(寛喜2)、中宮権大夫(ちゅうぐうごんのだいぶ)が前栽(せんざい)に植える、と『明月記』に書き留めた。足利義満(あしかがよしみつ)が建てた金閣寺の夕佳亭(せっかてい)には、ナンテンの床柱が使われたとの伝承がある。いけ花では最古の花道書『仙伝抄(せんでんしょう)』にすでに取り上げられている。元禄(げんろく)(1688~1704)のころには普及し、園芸品種が作出され始め、『草木錦葉集(そうもくきんようしゅう)』(1829)には斑入(ふい)りを中心に41の品種が載る。明治年間には120品種に増えたが、その後衰退し、現在は40品種ほどが維持されている。
 ナンテンは難転に通じるとして、縁起植物に扱われ、盗人、火災、魔除(まよ)けに植えられた。京都鞍馬寺(くらまでら)の祭事、竹伐会式(たけきりえしき)や火祭りにはナンテンの小枝を身につける。ナンテンは果実にドメステチンメチルエステル、樹皮にナンジニン、ドメステンベルベリンなどの成分を含む。防虫、防腐の効果があり、葉を食物の掻敷(かいしき)に使い、古くは米櫃(こめびつ)や鎧櫃(よろいびつ)などに入れた。なお、「ナンテンの床柱」といわれているものは、普通イイギリなどの別種の材である。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナンテンの関連情報