コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンバンハコベ ナンバンハコベCucubalus baccifer var. japonicus; bladder campion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンバンハコベ
Cucubalus baccifer var. japonicus; bladder campion

ナデシコ科の多年草。日本各地をはじめユーラシア大陸の温帯暖帯に広く分布し,山野に生える。茎は細く,盛んに分枝しつるのように長く伸び 1.7mぐらいにもなる。葉は質が薄く卵形または卵状長楕円形で全縁,対生する。8~9月頃に,枝先に1個の花を横向きにつける。5枚の花弁は白色で細長く,先のほうは2裂し外側へそり返る。果実はナデシコ科としては例外的に球形の液果状で,宿存萼を伴い黒く熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナンバンハコベ

ツルセンノウとも。ナデシコ科の多年草。北海道〜九州,東アジアに分布し,林縁原野にはえる。〈南蛮〉の名があるが帰化種ではない。茎はややつる性でよく枝分かれし,長さ1.5mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナンバンハコベ【Cucubalus baccifer L.var.japonicus Miq.】

林縁や原野に生えるナデシコ科のややつる性の多年草(イラスト)。茎はちぢれ毛があって長く伸び,1~1.5mに達し,よく分枝して他の草木に寄りかかって生育する。葉は長さ3~8cm,対生し,明らかな葉柄があり,楕円形から卵形で先はとがることが多く,基部は葉柄に流れる。8~10月ころ,分枝した枝の先に一つずつ花をつける。萼は広い鐘状で先は5裂する。花弁は5枚で細長く白色,長さ約1.5cm,先は浅く2裂しそり返る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンバンハコベ
なんばんはこべ
[学]Cucubalus baccifer L. var. japonicus Miq.

ナデシコ科の多年草。茎はよく伸長、分枝して長さ1.5メートルに達し、つる状となってほかの植物に寄りかかる。葉は卵形で長さ2~5センチメートル。夏から秋、小枝の先に白色花を単生する。花弁は細長く、長さ約1.5センチメートル、先は2裂する。萼(がく)は筒状で、のちに半球状となって果実期も残る。果実は果托(かたく)の先につき、球形で黒く熟し、裂開しない。山野に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国東北部、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。ナンバンの名は、その花や果実の形が風変わりであることによると思われる。
 ナンバンハコベ属は1種のみからなり、果実が液果状となることでナデシコ科のなかでは特異である。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android