コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッコウキスゲ Hemerocallis dumortieri var. esculenta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッコウキスゲ
Hemerocallis dumortieri var. esculenta

ユリ科の多年草ゼンテイカともいい,山地や高山の草原に群生することが多い。地下茎は短く,根は赤褐色で強く,ところどころに肥大部をもつ。葉は叢生し,2列に並んでつく。夏に,葉心より1本の長い花茎を直立し,上部は2分岐して各先端に3~4個の花を総状につける。花被は濃い橙黄色で1日だけ開いてしぼむ。しかし次々に別の花が開くので全体としての花期は長く,群落全体がオレンジ色に遠望できる。果実は楕円形の 蒴果で,黒い種子を多数生じる。和名は「日光」の地名に基づいたもの。本州中部以北,北海道,南千島サハリンに分布する。尾瀬ヶ原や日光霧降,霧ヶ峰連山などの大群落は有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニッコウキスゲ

ゼンテイカとも。北海道,本州中北部の高原の草地にはえるユリ科の多年草。北地では,海岸にもはえる。葉は線形で2列に根生する。初夏,長さ40〜80cmの花茎を出し,オレンジ色で長さ10cm内外の花を数個つけ,日中に開く。
→関連項目カンゾウ(萱草)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッコウキスゲ
にっこうきすげ / 日光黄菅
[学]Hemerocallis middendorffii Trautv. et Meyer var. esculenta (Koidz.) Ohwi

ユリ科の多年草。ゼンテイカ(禅庭花)ともいう。地下茎は短く、多数あり、肥厚する部分がある。花茎は直立し高さ40~70センチメートル。葉は叢生(そうせい)し、鮮緑色で軟らかく、幅1.5~2.5センチメートルで上部は下垂する。6~8月、茎頂に総状花序をつける。花は橙黄(とうこう)色、漏斗(ろうと)形の6弁花で弁先がやや反り返り、包葉は狭卵形。本州中・北部の海岸低地から高山帯下部の湿潤な草原に生え、霧ヶ峰、尾瀬ヶ原と飯豊(いいで)山(新潟・福島・山形3県の県境)の群落は有名である。
 変種のエゾゼンテイカはニッコウキスゲより花序は短く、包葉は広卵形、花は濃橙黄色。北海道、千島列島南部、樺太(からふと)(サハリン)から東シベリア、中国東北部の低地および高層湿原に広く分布する。同じく変種のトビシマカンゾウは葉が長く60~90センチメートル、花茎も長く0.8~1.2メートルになる。山形県飛島の海岸草地に生える。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニッコウキスゲの言及

【キスゲ】より

…橙黄色の花をつける昼咲き群にはいろいろなものがある。尾瀬の大群落で有名なゼンテイカ(別名ニッコウキスゲ)H.dumortierii Morren var.esculenta (Koidz.) Kitam.(イラスト)は近畿北部から北海道にかけての高山の湿原を中心に分布するが,分布域の北部では低地や海岸にも見られ,そのなかで大型の海岸型になったものがトビシマカンゾウH.dumortierii var.exaltata (Stout) Kitam.で山形県の飛島や佐渡の海岸草原に分布する。基本変種のヒメカンゾウH.dumortierii var.dumortierii(英名narrow dwarf day‐lily)は日本で栽培されていた園芸品種で,名前のように2~数個の花をつけるかわいらしいカンゾウの1種である。…

※「ニッコウキスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニッコウキスゲの関連キーワードヤブカンゾウ(藪萱草)越後三山只見国定公園ノカンゾウ(野萱草)福島県岩瀬郡天栄村天生県立自然公園下北半島国定公園世界谷地原生花園カンゾウ(萱草)キスゲ(黄菅)野草(植物)宮城県栗原市尾瀬国立公園ヘメロカリス種差海岸戦場ヶ原千沼ヶ原アヤメ平栂池高原宮床湿原霧降高原

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニッコウキスゲの関連情報