コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニブヒ語 ニブヒご

大辞林 第三版の解説

ニブヒご【ニブヒ語】

古アジア諸語の一。系統不明。ニブヒの話す言語。サハリンなどに分布。ニブフ語。ニクブン語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニブヒ語
にぶひご

極東のアムール川下流地方から樺太(からふと)(サハリン)にかけて居住するニブヒ民族固有の言語。従来、ギリヤーク語とよばれた。一般に地理的便宜上チュクチ語やコリヤーク語などの極北諸言語の一つとして記述されるが、系統は定説がなく不明。固有の文字はなく、現在はキリル文字をもとにした表記法が用いられている。母音には日本語のイ、エ、ア、オとほぼ同じ音のほか、強い円唇のu、曖昧(あいまい)音のがあり、子音には強い息を伴う「有気音」や口蓋(こうがい)の奥を用いる「口蓋垂音」もある。文中では、修飾語は被修飾語に、目的語は動詞に先だち、名詞や動詞の変化はおもに語幹に接尾辞を付して行う。この場合、修飾語―被修飾語、目的語―他動詞、語幹―接尾辞の境界で(おもに後者の頭音の)子音が規則的に交替し、この言語の大きな特徴となっている〔例 wo-raf(<taf)村の 家、t‘ax-c‘- (<s-)額を置く、wes-rox (<tox)からす へ〕。数詞もまた、適用される対象に応じて異なる語形を用いる点が特徴的である〔例 meqr(数)2、mik(小さく丸いもの)2個、men(人)二人、mim(舟)二隻、など二十数種〕。生活形態を反映し、狩猟や漁労に関する語彙(ごい)が豊富で、文化語などにはロシア語や近隣のツングース・満州語からの借用語が多いほか、アイヌ語と類似する語もあり、南樺太が日本領であったころには日本語も入っていた。[渡部みち子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニブヒ語の言及

【ギリヤーク語】より

…アムール川下流地方とサハリン(樺太)で約2000人の話し手がいる。ロシアではアムール方言の〈人〉を意味する自称によって〈ニブヒ語Nivkhi〉として知られ,日本ではそのサハリン方言形をとって〈ニクブン語〉の名称も用いられてきた。1930年代にアムール方言を基礎とした文字が案出され,初等教科書が編まれた。…

※「ニブヒ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニブヒ語の関連キーワード古アジア諸語ニクブン語ニブヒ族ニブフ語サハリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android