コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンジカ ニホンジカCervus nippon; sika; Japanese deer

4件 の用語解説(ニホンジカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニホンジカ
ニホンジカ
Cervus nippon; sika; Japanese deer

偶蹄目シカ科。体長1~1.7m,体高 0.8~1m内外で,亜種により大きさが異なる。体色は,夏は赤褐色に白色斑があるが,冬にはこの白色斑は消失し,灰褐色がかった体色になる。角は4~5月頃袋角が生えはじめ,9月頃完成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニホンジカ【sika deer】

広義には偶蹄目シカ科シカ属シカ亜属の哺乳類全体を指すが,狭義にはそのうちの1種Cervus nippon(イラスト)だけを指す。 シカ亜属(Sika)は東アジア特産の中型の優美なシカ類で,しりに広げることができる白い部分(尾鏡),後足の中足部の外側に淡色の中足腺があり,成長した角にはふつう3叉がある。台湾に角の第1枝の短いタイワンジカC.taiouanus,中国,朝鮮半島,ウスリー,北海道に耳介と四肢の長いタイリクジカC.hortulorum,対馬に角の第1枝が基部より高いところで分かれるツシマジカC.pulchellus,本州,四国,九州などにニホンジカがすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニホンジカ
にほんじか / 日本鹿
sika deer
[学]Cervus nippon

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。北海道から沖縄の慶良間(けらま)列島まで分布する。森林に生息し、昔から狩猟の対象とされてきた。肩高58~99センチメートル。北方のものほど体格が大きい。角(つの)は4枝をもつか、北海道のエゾシカには5枝のものもときにある。屋久島(やくしま)産のヤクシカ、慶良間列島のケラマジカは3枝である。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニホンジカの言及

【シカ(鹿)】より

ジャコウジカは前群に似るが,他のシカと違って胆囊や麝香(じやこう)腺があり,眼下腺がないなど特殊な点があるので,ここでは独立の科とみなした。 狭義のシカは,シカ属シカ亜属Sika(英名sika deer)に属する中~小型のものの総称。角には枝が4本あり,少なくとも夏毛には胴に白い斑点があり,しりの白い部分は毛を逆立てて広げることができる。…

【シカ(鹿)】より

…一つは第2と第5中手骨の下部だけが残るもので,キバノロ亜科(キバノロ(イラスト)),オジロジカ亜科(マザマジカパンパスジカオジロジカノロ(イラスト)など),ヘラジカ亜科(ヘラジカ(イラスト)),トナカイ亜科(トナカイ(イラスト))がこれに属する。他は,中手骨の上部だけが残っているもので,キョン亜科(キョン(イラスト),マエガミジカ(イラスト))とシカ亜科(シフゾウダマジカ(イラスト),ターミンジカスイロクアカシカ(イラスト),ホッグジカ(イラスト),ニホンジカなど)がこの群に属する。ジャコウジカは前群に似るが,他のシカと違って胆囊や麝香(じやこう)腺があり,眼下腺がないなど特殊な点があるので,ここでは独立の科とみなした。…

※「ニホンジカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニホンジカの関連情報