ニューブリテン島(読み)ニューブリテンとう(英語表記)New Britain

翻訳|New Britain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューブリテン島
ニューブリテンとう
New Britain

パプアニューギニア東部,ビスマーク諸島最大の島。ファーザー (ウラウン) 山 (2300m) はじめ火山が多い。行政上東西の2県に分れているが,東部が人口の3分の2を占め,経済的にも開発が進んでいる。特にラバウルを中心とするガゼル半島への集中が著しい。自給作物としてタロイモを栽培するほか,商品作物として東部ではココヤシ,カカオ,西部ではアブラヤシ,ココヤシを栽培。面積3万 6500km2。人口 26万 3500 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ニューブリテン‐とう ‥タウ【ニューブリテン島】

(ニューブリテンはNew Britain) 南西太平洋のビスマーク諸島の主島で、パプアニューギニア領。ニューギニア島の北東方にあり、ラバウルをはじめ良港に恵まれる。一七〇〇年イギリスのダンビアが命名。一八八四年にドイツ領となり、ノイエポンメルン島と改称されたが、第一次世界大戦後ドイツの手をはなれ、もとの名に復した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューブリテン島の関連情報