コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューモシスチス肺炎 ニューモシスチスハイエン

デジタル大辞泉の解説

ニューモシスチス‐はいえん【ニューモシスチス肺炎】

ニューモシスチス‐ジロベチという真菌によって引き起こされる肺炎。エイズ・癌(がん)の末期など免疫機能が低下している場合に、日和見(ひよりみ)感染により発症する。PCP(Pneumocystis pneumonia)。
[補説]以前はカリニ肺炎と呼ばれていたが、ヒトで肺炎を起こすニューモシスチス属の菌は、ラットなどの動物から分離されるニューモシスチス‐カリニとは別種であることが判明し、ヒト型はニューモシスチス‐ジロベチと命名されたため、疾病の名称もニューモシスチス肺炎に変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ニューモシスチス肺炎の関連キーワードニューモシスチスジロベチ間質性肺炎AIDS

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android