コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュー・クリティシズム ニュークリティシズム

百科事典マイペディアの解説

ニュー・クリティシズム

1930年代から1950年代にかけておもに米国で力をもった批評運動。〈新批評〉とも訳される。文学作品,とりわけ詩の微細な言語分析を通して,作品の客観的な評価をめざした。
→関連項目アイロニーウォレンエンプソンランサムロシア・フォルマリズム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュー・クリティシズム
にゅーくりてぃしずむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニュー・クリティシズムの関連キーワードリチャーズ(Ivor Armstrong Richards)ランサム(John Crowe Ransom)ブルックス(Cleanth Brooks)ウィリアム・カーティ ウイムサットリチャード・パーマー ブラックマーI.アームストロング リチャーズロバート・ウスター ストールマンテート(Allen Tate)ジョン・O.アレン テイトフィリップ ウイールライトジョン・クロー ランサムニュー・ヒューマニズムマレー クリーガーハロルド ブルームJ.ヒリス ミラーフュージティブブラックマーコールリッジエリオット小川 和夫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android