ニュー・クリティシズム(読み)ニュークリティシズム

百科事典マイペディアの解説

ニュー・クリティシズム

1930年代から1950年代にかけておもに米国で力をもった批評運動。〈新批評〉とも訳される。文学作品,とりわけ詩の微細な言語分析を通して,作品の客観的な評価をめざした。T.S.エリオットやI.A.リチャーズの影響下に,J.C.ランサム,A.テートら米国の〈南部批評家〉がその中心にいた。実践批評の方法として米国各地の大学の文学教育の現場にもとり入れられたが,1950年代以降,運動としての力は衰えた。
→関連項目アイロニーウォレンエンプソンランサムロシア・フォルマリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android