コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンジン(人参) ニンジンDaucus carota; carrot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンジン(人参)
ニンジン
Daucus carota; carrot

セリ科の二年草原産地は明らかではないが,西アジアや地中海地方できわめて古くから栽培され,現在,温帯地方で主要な根菜として広く栽培される。葉は根出葉,茎葉ともに羽状に細かく分裂し毛がある。春,長さ 60~100cmの花茎を伸ばし,球状の多数の散形花序をつける。多くの品種があり,根の色も黄,橙,赤など品種によって異なる。収穫期もまちまちで1年中出回るが,秋から冬にかけてが最盛期である。日本には江戸時代より以前に中国から入った。その後,比較的最近まで東洋系の根の長大な品種 (長さ 70cmをこすものがある) が主として栽培されていたが,近年は小型,中型の欧米系の品種が多く栽培されるようになってきた。根の色はカロテンによるもので,ビタミンAの含有量が高い。ニンジンの名は,チョウセンニンジンの略称として使うこともあるので,それと区別するためセリニンジンなどと呼ばれることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニンジン(人参)【ニンジン】

ヨーロッパ,北アフリカ〜中央アジアの原産といわれるセリ科の一〜二年草。羽状複葉の根出葉を出し,根はふつう倒円錐形で肥大し長さ10cm〜1m,カロチンを含み黄〜赤色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニンジン【ニンジン(人参) carrot】

セリ科の一・二年草(イラスト)。当初導入されたものが,古来のチョウセンニンジン(ウコギ科)の根と似ていたためにニンジンと呼ばれるようになった。ニンジンの〈根〉は胚軸と根とが肥大したもので,その頂部から葉を叢生(そうせい)する。葉は2~3回羽状に裂けた複葉で,裂片は針状や披針形で,長い葉柄を有する。晩春,60~100cmに茎が伸長し開花する。花は複散形花序で,花色は一般に白色である。食用にされる貯蔵根の中心部は心と呼ばれ,形成層および木質部,髄から成り,心部の細いものが良品とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニンジン(人参)の関連キーワードチョウセンニンジン(朝鮮人参)ヨーロッパナマコ

ニンジン(人参)の関連情報