コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンジン(人参) ニンジン Daucus carota; carrot

3件 の用語解説(ニンジン(人参)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンジン(人参)
ニンジン
Daucus carota; carrot

セリ科の二年草。原産地明らかではないが,西アジア地中海地方できわめて古くから栽培され,現在,温帯地方で主要な根菜として広く栽培される。葉は根出葉,茎葉ともに羽状に細かく分裂し毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニンジン(人参)【ニンジン】

ヨーロッパ,北アフリカ中央アジアの原産といわれるセリ科の一〜二年草。羽状複葉の根出葉を出し,根はふつう倒円錐形で肥大し長さ10cm〜1m,カロチンを含み黄〜赤色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニンジン【ニンジン(人参) carrot】

セリ科の一・二年草(イラスト)。当初導入されたものが,古来のチョウセンニンジン(ウコギ科)の根と似ていたためにニンジン呼ばれるようになった。ニンジンの〈根〉は胚軸と根とが肥大したもので,その頂部から葉を叢生(そうせい)する。葉は2~3回羽状に裂けた複葉で,裂片は針状や披針形で,長い葉柄を有する。晩春,60~100cmに茎が伸長し開花する。花は複散形花序で,花色は一般に白色である。食用にされる貯蔵根の中心部は心と呼ばれ,形成層および木質部,髄から成り,心部の細いものが良品とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニンジン(人参)の関連キーワードカボチャ(南瓜)セロリーパースニップイタリアンパセリセルリアクスープセロリキャラウエイトウナヒノナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone