コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌノサラシ Grammistes sexlineatus

世界大百科事典 第2版の解説

ヌノサラシ【Grammistes sexlineatus】

スズキ目ヌノサラシ科の海産魚(イラスト)。太平洋インド洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布しており,日本では相模湾以南で見られる。全長30cmに達する。成長に伴う体色の変化が大きい。幼魚は暗色の体に3本の白色縦帯をもち,背びれ前部が赤い。成長するとともに背びれの赤色部が消え,白色線の数が増える。老成すると白色線は点状になる。沿岸の浅い岩礁域の穴に単独ですむ。肉食性。皮膚に粘液腺が発達しており,この粘液で海水が泡立つことがあるためsoapfish呼ばれることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone