コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌルクセ ヌルクセ Nurkse, Ragnar

3件 の用語解説(ヌルクセの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌルクセ
ヌルクセ
Nurkse, Ragnar

[生]1907.10.5.
[没]1959.5.6. ジュネーブ
エストニア生れのアメリカの経済学者。国際金融理論と開発経済学に大きな貢献をした。エストニアのタルトー大学を卒業し,1928年エディンバラ大学へ進み,32年ウィーン大学に入り経済学研究の基礎を固めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌルクセ

エストニア生れの米国の経済学者。1934年から第2次大戦直前まで国際連盟経済調査局に勤め,1947年コロンビア大教授。国際資本移動国際通貨機構に関する国際金融の理論的・実証的研究を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌルクセ
ぬるくせ
Ragnar Nurkse
(1907―1959)

国際経済学者。エストニア生まれ。エジンバラ大学、ウィーン大学に学んだ。第二次世界大戦前は国際連盟に勤務し、戦後はアメリカに移ってコロンビア大学教授となり、ジュネーブ郊外で急死するまでその職にあった。彼は最初は主として国際資本移動や国際通貨の問題を研究し、その一つの成果が、国際資本移動の理論を簡潔にまとめた代表的著書として名高い第一の主著『国際資本移動論』Internationale Kapitalbewegungen(1935)として結実している。また第二の主著『国際通貨』International Currency Experience : Lessons of the Interwar Period(1944)は、両大戦間期の外国為替(かわせ)や国際金融の問題を、理論的、実証的に分析した優れた著作として高い評価を受けている。
 第二次世界大戦後は発展途上国の経済開発の問題にも関心を広げ、『低開発諸国の資本形成』Problems of Capital Formation in Underdeveloped Countries(1953)では、発展途上国の経済発展が困難な原因を、一次産品の輸出の伸びが低いことや貧困の悪循環に求め、それを克服して経済発展を推進するためには、各産業が需要に見合った均斉のとれた成長をすべきことを提唱した。[志田 明]
『増井光蔵・傍島省三訳『国際資本移動論』(1938・日本評論社) ▽村野孝・小島清訳『ヌルクセ国際通貨』(1953・東洋経済新報社) ▽土屋六郎訳『後進諸国の資本形成』(1955・巌松堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌルクセの関連キーワード階乗常用対数導体Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone