コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーシャテル ヌーシャテル Neuchâtel

4件 の用語解説(ヌーシャテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーシャテル
ヌーシャテル
Neuchâtel

スイス西部ヌーシャテル州の州都。ヌーシャテル湖の北岸に位置する。ブドウ取引,時計工業の中心地で,たばこ・食品製造や電機工業,製紙も行われる。 12世紀頃からこの地方の行政の中心として栄えたところで,12~17世紀の城 (現庁舎) ,ノートル・ダム聖堂 (13世紀) をはじめ,美術歴史博物館,大学などがあり,スイス時計工業試験所もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヌーシャテル(Neuchâtel)

スイス西部の都市。ジュラ山脈の南東麓にある。時計工業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヌーシャテル

ドイツ名はノイエンブルクNeuenburg。スイス西部,フランス語地区,ヌーシャテル湖北岸にあり,同名州の州都。時計,チョコレートブドウ酒などの製造・生産が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーシャテル
ぬーしゃてる
Neuchtel

スイス西部、ヌーシャテル州の州都。ドイツ語名ノイエンブルクNeuenburg。人口3万1739(2001)。市域はジュラ山脈のショーモン山南東斜面に立地する古い市街から、現在ではヌーシャテル湖岸にまで延び、標高430~580メートルの間にある。集落の発生については不詳であるが、湖岸や城のある丘陵には幾多の遺跡がある。1011年の古文書にノブム・カステルムNovum Castellumの名で出るのが最初で、これが地名の起源である。17世紀のなかばに時計工業がおこり、現在はスイス時計工業の一中心地であり、この町の原子時計が全国に正確な時刻を報ずる。製紙、チョコレート製造も有名で、ぶどう酒の生産も多い。フランス語使用地域にあり、ローザンヌと並んで美しいフランス語が話される町として知られ、総合大学(1731年創立のアカデミーが1919年に昇格)、商業学校、音楽院がある。美術・歴史博物館民族学博物館考古学博物館、城(12~15世紀のヌーシャテル伯の居城)などは一見の価値がある。鉄道交通のかなめでもある。
 ヌーシャテル州は面積803平方キロメートル、人口16万6500(2001)。人口の大半は工業に従事し、なかでも時計工業で働く者が多い。おもな都市のラ・ショー・ド・フォンやラ・ロクルもジュラ山中の時計工業の町である。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌーシャテルの関連キーワードアンベールラショードフォンカヌーイストパーシャルイベルドンレバンマイスターシャーレポワトゥーシャラントエルファーシルスヌーピーローションヌーシャテルワイン祭り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヌーシャテルの関連情報