コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーベルキュイジーヌ nouvelle cuisine

翻訳|nouvelle cuisine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーベルキュイジーヌ
nouvelle cuisine

1960~70年代にフランスで創作された,折衷スタイルの国際的高級料理。新鮮さや軽さ,すっきりした風味特徴とする。こってりした味つけで高カロリーの伝統的な高級フランス料理のいかにも贅沢な雰囲気に対し,食材のもつ自然な風味や質感,色を重視する。油や砂糖,精製穀類,塩分の多い食事は健康に良くないという認識に立ち,こうした成分の使用を最小限に抑える。盛りつけには日本料理の影響がみられる。基本的な特徴は,ソースのとろみをルー(小麦粉と油脂を合わせて加熱したもの)ではなく野菜や果物ピューレでつけること,大きな皿に斬新な組み合わせの食材を少量,芸術的に盛りつけること,食材の入手先を重視すること,質感や細部への徹底したこだわりなどがある。肉や魚介類と組み合わせてキウイフルーツラズベリー,マンゴーなどの果物を使うことも多く,果実酢も調味料として好んで使われる。「ヌーベルキュイジーヌ」ということばは,ポール・ボキューズをはじめとするフランス料理のシェフたちがつくり出した新しい料理のスタイルを表す用語として,フランスの料理評論家クリスチャン・ミヨーとアンリ・ゴーが考案した造語である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヌーベル‐キュイジーヌ(〈フランス〉nouvelle cuisine)

フランス料理の新しい傾向の料理法。素材を生かし、濃厚な味付けを控え、量も少なめとするもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヌーベルキュイジーヌ【nouvelle cuisine】

〔新しい料理の意〕
新傾向のフランス料理。日本料理の影響を受け、素材の持ち味を重視し、あっさりした味わいで盛り付けに工夫を凝らす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヌーベルキュイジーヌの関連キーワード盛り付け味わい新傾向工夫

ヌーベルキュイジーヌの関連情報