コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーベル・キュイジーヌ ヌーベルキュイジーヌ

百科事典マイペディアの解説

ヌーベル・キュイジーヌ

フランス語で〈新しい料理〉の意。1970年代に提唱されたフランス料理の新しい傾向従来のフランス料理よりも調理時間を短縮し,ソースにも生クリームバターをあまり使わず,あっさりと軽いものにするなどして,料理界に新風を吹き込んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ヌーベル・キュイジーヌ【nouvelle cuisine(フランス)】

1970年代にポール・ボキューズらが提案したフランス料理の新しい調理法。素材の持ち味を生かして加熱時間を短縮する、バターや生クリームを控えた従来より軽めのソースを用いる、一品の量を少なめにするなどの傾向がみられた。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

ヌーベル・キュイジーヌの関連キーワードフランス料理/おもな料理用語ジョエル ロブション蒸し調理の歴史フランス語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌーベル・キュイジーヌの関連情報