コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネウマ neuma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネウマ
neuma

音楽用語。ローマ・カトリックのグレゴリオ聖歌のほか,ビザンツ聖歌,ロシア聖歌,アルメニア聖歌などを記譜するために用いられた記号の総称。ネウマは,もともと言葉のアクセント記号に由来すると考えられているが,そのアクセント記号は今日の強弱を示すものではなく,高低を示すものであった。そこから次第に旋律の動きを示すネウマが生れたが,当初は歌手に一定の旋律を呼起させるための暗号の役割をするにすぎず,音の正確な高低は指示しなかった。しかし,グレゴリオ聖歌では 11世紀の終り頃から相対的な音の高さを示すネウマが用いられはじめた。また 13世紀に体系を整えられた四角音符のネウマは,今日でもグレゴリオ聖歌を記譜するものとして使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネウマ(〈ラテン〉neuma)

中世のグレゴリオ聖歌などの記譜に用いられた記号。音の上下の動きを点や曲線などで示すもの。13世紀には譜線を伴った四角音符が用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネウマ

音楽用語。ギリシア語で〈合図〉の意。中世の音楽,ことにグレゴリオ聖歌において,四線譜や五線譜が成立する以前に使われていた楽譜記号。旋律の動き方を1音〜数音のグループで示すもので,形態は多様。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ネウマ【neuma】

西洋中世の聖歌に用いた音符。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネウマ
ねうま
neuma ギリシア語 ラテン語 イタリア語
neume 英語 フランス語
Neumeドイツ語

記譜法の一種。本来はグレゴリオ聖歌の表示のためだけに用いられた記号をさすが、現在ではビザンティン聖歌や西欧中世の世俗曲などにみられる類似の音符をもネウマとよぶことがある。ネウマは歌詞の上に書かれ、旋律の進む方向や演奏の方法などを指示する。
 9~10世紀ごろの写本におけるネウマは、曲線やかぎ、ダッシュ、点などで記され、譜線がないために正確な音高を表さず、単に旋律の上がり下がりだけを示すものであった。この種のネウマには、古代ギリシアの詩におけるアクセント記号からの多大な影響がうかがえる。その後ネウマの形は時代とともに変化し、13世紀までには四角い音符となり、譜線も添えられ(原則として4本)、正確な音高をも示すようになった。しかし音の長短は不明瞭(めいりょう)で、19世紀以来、そのリズム解釈をめぐって大きな論争がおきている。現在でも、ローマ・カトリック教会の聖歌本のなかで、この四角いネウマをみることができる。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネウマの言及

【楽譜】より

…ユダヤ教聖歌,シリア聖歌などに例があり,広範囲にわたって使用され,東洋にも実例は多い。(2)ネウマneuma 旋律の上行,下行などを,可視的な記号で表示するもの。グレゴリオ聖歌がその典型的な実例である。…

※「ネウマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネウマの関連キーワードジョセフ ポティエカルミナ・ブラナビザンティン音楽アルファルファアナクシメネスアポリナリオスモサラベ聖歌イタリア音楽ロシア音楽ブロンデル博士・墨譜定量記譜法ピュシス世界精神プシュケメリスマ記譜法生命空気心臓

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android