コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネジキ(捩木) ネジキLyonia ovalifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネジキ(捩木)
ネジキ
Lyonia ovalifolia

ツツジ科の落葉低木または小高木。アジア東部の温帯に分布する。日本では本州,四国,九州の山地日当りのよいところに生える。がねじれるところからこの名がある。葉は互生し,柄があって長さ4~12cmの長卵形,葉の両面に伏毛がある。日本のものは大陸のものに比して葉が小さく,変種または亜種とすることもある。5~6月に,4~6cmの総状花序を伸ばして,白い壺形の小花下向きに並べてつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネジキ【ネジキ(捩木) Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude var.elliptica (Sieb.et Zucc.) Hand.‐Mazz.】

山地の日当りのよい所に生え,岩地を好むツツジ科の落葉小高木。幹がねじれているので,捩木の名がある。幹は直立して高さ5~6mになる。葉は卵形で先がとがり,長さ4~12cm,幅3~7cmで,鋸歯はない。6月,前年の枝の葉腋(ようえき)から細長い花序を伸ばし,白色で筒形の花が1列に並んで下向きに開く。花冠の先は浅く5裂し,花筒内に10本のおしべがある。葯は背面下部に2本の角状突起があり,先端が開孔する。蒴果(さくか)は扁球形で径4mm,5裂する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android