コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネジキ

2件 の用語解説(ネジキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ネジキ

ツツジ科の落葉低木〜小高木。本州〜九州の山地にはえる。幹はねじれたように見え,高さ2〜5m。葉は長さ6〜10cm,卵状楕円形で先はとがる。6〜7月,前年枝に総状花序を側生し,アセビに似た白色壺形の小花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネジキ
ねじき / 捩木
[学]Lyonia ovalifolia Drude subsp. neziki (Nakai et Hara) Hara

ツツジ科の落葉低木または小高木。高さ5~8メートル。幹がねじれるのでネジキの名がつけられた。小枝は冬季に赤色を帯び、目だつ。葉は広卵形で長さ5~12センチメートル、先はとがり、全縁、裏面の葉脈に白毛がある。5~6月、下部に小さな葉をつけた長さ約5センチメートルの総状花序をつくり、白色花を下向きに列をなして開く。花冠は筒状壺(つぼ)形で長さ0.8~1センチメートル、先は浅く5裂し、短毛がある。雄しべは10本。果実は小球形の(さくか)で上を向く。やや乾いた山地に生え、岩手県以西の本州から九州に分布する。枝葉は有毒である。赤色で美しい冬枝を挿し花に用いる。材は赤褐色を帯びて緻密(ちみつ)で堅く、木曽(きそ)のお六櫛(ろくぐし)の材料にする。
 ネジキ属はヒマラヤから東アジア、北アメリカに約30種分布する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネジキの関連キーワード三葉躑躅米躑躅五葉躑躅小瓔珞躑躅東国三葉躑躅梅花躑躅紅灯台穂躑躅八潮躑躅瓔珞躑躅

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネジキの関連情報