コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネジキ

百科事典マイペディアの解説

ネジキ

ツツジ科の落葉低木〜小高木。本州〜九州の山地にはえる。幹はねじれたように見え,高さ2〜5m。葉は長さ6〜10cm,卵状楕円形で先はとがる。6〜7月,前年枝に総状花序を側生し,アセビに似た白色壺形の小花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネジキ
ねじき / 捩木
[学]Lyonia ovalifolia Drude subsp. neziki (Nakai et Hara) Hara

ツツジ科の落葉低木または小高木。高さ5~8メートル。幹がねじれるのでネジキの名がつけられた。小枝は冬季に赤色を帯び、目だつ。葉は広卵形で長さ5~12センチメートル、先はとがり、全縁、裏面の葉脈に白毛がある。5~6月、下部に小さな葉をつけた長さ約5センチメートルの総状花序をつくり、白色花を下向きに列をなして開く。花冠は筒状壺(つぼ)形で長さ0.8~1センチメートル、先は浅く5裂し、短毛がある。雄しべは10本。果実は小球形の(さくか)で上を向く。やや乾いた山地に生え、岩手県以西の本州から九州に分布する。枝葉は有毒である。赤色で美しい冬枝を挿し花に用いる。材は赤褐色を帯びて緻密(ちみつ)で堅く、木曽(きそ)のお六櫛(ろくぐし)の材料にする。
 ネジキ属はヒマラヤから東アジア、北アメリカに約30種分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネジキの関連キーワードグラヤノトキシンアセビ(馬酔木)餅病菌・餠病菌かしおしみ小林義雄ツツジ科狐箸木蕎麦木狐塗箸塗箸木味噌失猿滑姥殺赤綟貸惜赤木赤芽

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android