コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミガヤ Muhlenbergia japonica Steud.

2件 の用語解説(ネズミガヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネズミガヤ【Muhlenbergia japonica Steud.】

丘陵地の林下,原野や道ばたに多いイネ科の多年草地下茎はないが,細い茎の下部が節で枝分れしながら長く地上をはって走出枝状となり,枝と上部が立ち上がって,その部分の高さは15~25cmである。葉はやや短い線形で,長さ5~10cm,幅は2~4mmで,軟らかく,やや白っぽい緑色で,先は長くとがる。夏から秋にかけて,全体が淡い灰色の円錐花序を出す。花序は長さ8~15cmで,細く,先端は少し垂れ,枝を分けていくぶんまばらに多数の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミガヤ
ねずみがや / 鼠茅
[学]Muhlenbergia japonica Steud.

イネ科の多年草。稈(かん)は細くて弱く、直立して高さ15~40センチメートル、基部は分枝して地上を横にはう。8~10月、稈頂に長さ8~15センチメートルで先端が垂れ下がる円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長さ2.5~3ミリメートル、小花が1個ある。包穎(ほうえい)は長さ1.5~2ミリメートル。護穎は披針(ひしん)形で3本の脈があり、基部近くと基盤に短毛が生え、頂端は二裂し、歯間に長さ4~8ミリメートルの直立する細い芒(のぎ)を出す。丘陵地の林内に生え、北海道から九州、および中国、ウスリーに分布する。名は、細長い芒がある灰色の小穂が、狭い花穂についてネズミの尾を思わせることによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネズミガヤの関連キーワードイネ小茄子雀の帷子稚児百合ばた屋米茅蔓蟻通点火茎鳴子稗丘陵コース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone