コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッケル ネッケル Necker, Jacques

6件 の用語解説(ネッケルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネッケル
ネッケル
Necker, Jacques

[生]1732.9.30. ジュネーブ
[没]1804.4.9. コペー
フランスルイ 16世時代の財務総監。 16歳のとき I.ベルネの銀行に雇われ,1762年ベルネの隠退にあたってベルネの甥 P.テリュソンに銀行の共同経営者として抜擢された。公共融資,穀物への投機などによって大財産家となり,68年にジュネーブ市のパリ駐在官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネッケル(Jacques Necker)

[1732~1804]フランスの財政家・政治家。ジュネーブ生まれ。文学者スタール夫人の父。フランス革命前後、財務総監として財政改革にあたった。著「財政論」。ネケール。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネッケル

スイス生れのフランスの銀行家で政治家。ルイ16世の下で2度にわたり財務総監となり,赤字に悩む国家財政の改革を企てたが,特権身分の反対にあって失敗。三部会の構成改革で局面打開を策したが再び特権階級の反対にあい,罷免。
→関連項目名士会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ネッケル【Jacques Necker】

1732‐1804
スイス生れでパリで活躍した銀行家,政治家。ジュネーブのプロテスタントの家に生まれ,1747年にパリに出て銀行家として成功し,やがて経済理論家としても知られるようになった。その経済思想は,重農学派自由主義を批判して国家による統制を重視するものであった。77年に財務長官に任じられた彼は,財政の赤字を埋めるために公債政策をとり,租税負担を公平にするために課税方法の改革を試みた。しかし,アメリカ独立戦争への援助などにより財政はさらに窮迫し,公債政策はかえって国家の利子負担の増加を招いたので,行き詰まった彼は81年,《国王への財政報告書》を公表して実状を明らかにするとともに辞任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネッケル【Jacques Necker】

1732~1804) フランスの銀行家・政治家。スタール夫人の父。ルイ一六世に登用され財務総監としてフランス革命前後の財政改革にあたった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネッケル
ねっける
Jacques Necker
(1732―1804)

フランスの財政家、政治家。ジュネーブ近郊のコッペの生まれ。イギリス系プロテスタントの家系に属し、父は法学教授。1747年パリに出て銀行員となる。1763年「チュルソン・ネッケル銀行」を設立、2年後には両インド会社理事として腕を振るい、1773年パリ・アカデミー懸賞論文「コルベール賛辞」が入賞。チュルゴーの穀物取引自由化策に反対の立場で、宮廷の一部勢力の支持を受けて1776年国庫局長、翌1777年財務長官に登用された。外国銀行からの借入金や、官職の削減、冗費の節約によって国庫収支の改善を図った。地方三部会をもたない地域で議会の導入を試み、租税の合理的配分や公共土木事業を自主的に計画させた。
 1781年、宮廷貴族の年金などを財政報告で公表したため免職となったが、1787年、第一次名士会を前にカロンヌと財政をめぐり論戦したのち、1788年8月、財務長官に復職。第二次名士会に全国三部会の招集方式を諮問し、国務顧問会議で第三身分議員の倍増を認めさせた。三身分の合同討議には消極的であったが、1789年6月の国民議会成立のときはこれを追認した。その後、事態の責任をルイ16世王妃やアルトア伯から追及され7月11日罷免。これは民衆を憤激させ、このためバスチーユ占拠事件が起こった。復職後、立憲体制は受け入れたが、党派に属さず、アッシニャ紙幣の発行や国庫の管理をめぐって立憲議会と対立。1790年9月に最終的に辞職し、コッペに引退。『財政論』や『フランス革命論』などの著作活動で余生を送った。
 なお、ロマン派の評論家・小説家として有名なスタール夫人は彼の娘である。[岡本 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネッケルの言及

【世論】より

…そこでルソーは,世論を習俗や慣習と並んで〈国家の真の憲法をなすもの〉〈人民にその建国の精神(社会契約)〉を呼びさますものとしているが,それ以上の追求をしていない。このことばはさらにルイ16世の財務長官ネッケルが保守派の貴族層に対抗して,〈金融市場の投機家たちは世論に支配されている〉として自己の政策を強行して以来,人口に膾炙(かいしや)するようになったという。しかし,フランス革命以来,世論とりわけ第三階級の意思としての世論は,政治権力の拠るべき基礎として決定的な重みをもつようになった。…

※「ネッケル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネッケルの関連キーワード伊藤渓水クレーラフィットスイス銀行銀行家イスラデパスクアペリエロートシルト佐々木栄介長谷川敬助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネッケルの関連情報