ネブカドネザル(2世)(読み)ねぶかどねざる(英語表記)Nabû-kudurri-uur Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ネブカドネザル(2世)」の解説

ネブカドネザル(2世)
ねぶかどねざる
Nabû-kudurri-uur Ⅱ
(?―前562)

新バビロニア王国の王(在位前605~前562)。彼は紀元前605年、皇太子として軍を率い、カルケミシュの戦いでエジプトを大破した。その直後、新バビロニアの創始者である父王ナボポラサルの意志を継いで即位したのだが、その後の彼の軍事行動について彼自身はなんの記録も残していない。ただし、『旧約聖書』とギリシア人による記録から、前598年にユダ王国を服属せしめ、さらに前587年にはなおも反抗するユダを攻撃し、エルサレムを陥落させて多くの民を捕囚に拉致(らち)したこと(バビロン捕囚)、またそれと並んで、フェニキア人の町ティルス(ツロ)を長期にわたる包囲のすえに征服したことが知られている。

 しかし彼は全体として軍事による領土拡張政策はとらず、国の防衛を確保したうえで(たとえばティグリス川からユーフラテス川に至る対メディア防壁)、むしろ文化振興政策を促進させた。たとえば首都バビロンに、91メートルにも及ぶ塔を中心とした壮大なマルドゥク(バビロンの主神)神殿を建立し、通りは釉薬(ゆうやく)をかけた焼成れんがが種々に飾られていた。また諸都市を整備し、灌漑(かんがい)設備を整えて農業生産性を高め、種々の交易を促進させ、バビロニアを当時のオリエント世界随一の豊かな国にした。彼の個人的ひととなりについて多くは知られていない。しかし、自らの名声の宣揚よりも神々の力の賛美を心がけた彼が宗教心あふれる王であったことは疑いない。なお、『旧約聖書』「ダニエル書」に描かれるネブカドネザルの姿には、歴史的にみれば、バビロニア最後の王ナボニドゥスとの混同がある。

[月本昭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ネブカドネザル(2世)」の解説

ネブカドネザル(2世)
NebuchadnezzarⅡ

生没年不詳
新バビロニア(カルデア)王国第2代の王(在位前604〜前562)
前586年ユダ王国を滅ぼし,イェルサレムを破壊し,ユダヤ人をバビロンに移した(バビロン捕囚)。またバビロンに壮大な城壁・神殿を造営し,オリエント最大の繁栄都市とした。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android