コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネリ ネリNeri, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネリ
Neri, Antonio

17世紀イタリアのガラス工芸家。フィレンツェの人。『ガラス製造法』L'Arte Vetraria (1612) の著者として有名。ピサで長くガラスの製造にたずさわり,ベネチア・ガラスの技法にも通じていたといわれる。この書はヨーロッパ各国語に翻訳され,ヨーロッパ・ガラス工芸の基本的原典として大きく貢献した。日本でも馬場佐十郎によって『硝子製法集説』 (1810) のなかにその一部が訳出され,江戸期のガラス工芸の重要な参考書とされた。

ネリ
Neri, Ferdinando

[生]1880
[没]1954
イタリアの評論家,文学史家。主著『20世紀上四半期におけるフランス・イタリア研究』 Gli studi francoitaliani nel primo quarto del secolo (1928) 。

ネリ
Neri, Filippo

[生]1515.7.21. フィレンツェ
[没]1595.5.26. ローマ
イタリアの宗教家。対抗宗教改革運動の代表的人物の一人。回心ののちローマに出て,家庭教師をしつつ哲学,神学を学び,1548年慈善のための三位一体信心会を設立。 51年司祭となってサン・ジロラモ・デラ・カリタ聖堂に定住,自室で若者との会合をもった。参会者がふえ,会場は教会の屋根裏部屋に移され,彼らはそこをオラトリウムと呼んだ。この会合が発展してオラトリオ会となり,そこで歌われていた音楽がオラトリオとなった。 75年グレゴリウス 13世よりサンタ・マリア教会跡を与えられ,会が創立され 77年ネリは総会長に選出された。 1622年列聖 (祝日 5.26.) 。ユーモリストの保護聖人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネリ【Antonio Neri】

1576‐1614
イタリアのガラス研究者。フィレンツェの修道士で,長年ベネチアのガラスの製造にたずさわり,その経験をもとに1612年《ガラス製造法》を公刊した。本書はガラス製造技法の宝典としてフィレンツェ,ベネチアで数回にわたって出版され,またヨーロッパ各国語に翻訳された。日本では江戸時代にオランダ語をもとに馬場佐十郎が訳した《硝子製造集説》に本書のことが記されている。【前田 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネリの関連キーワードエクス・リピンスキーグレゴリウス15世ジェネリック医薬品ビンセント・ミネリウィンドスウェルデ・ランゲ症候群クレメンス8世ジェネリック品ネグンドカエデピアツェッタマリナー峡谷止禰利古乃木ダブルアップ止禰利古乃岐アルガルディマンネリズムアルバカーキアニムッチャ後発医薬品コルシニ家

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネリの関連情報