コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコンギク

2件 の用語解説(ノコンギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノコンギク

キク科の多年草。本州〜九州の山野にふつうにはえる。茎は分枝し,高さ50〜100cm。葉は長楕円形で両面には小剛毛があり,ややざらつく。8〜11月,茎頂に黄色の筒状花と淡青紫色の舌状花からなる,径2.5cmほどの頭花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノコンギク
のこんぎく / 野紺菊
[学]Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Fr. et Sav.) Kitam.

キク科の多年草。高さ30~60センチメートル。葉は短い柄があって互生し、卵状楕円(だえん)形で3本の脈があり、両面に毛があってざらつく。8~11月、径約2.5センチメートルの頭花をつける。中央の管状花は黄色、周辺の舌状花は紫色。日当りのよい山野に普通に生え、本州から九州に分布する。葉の広いものや狭いもの、舌状花の色変わりのものもあり、多くの変種がある。庭に植えるコンギク(紺菊)は、本種から選抜育種されたものである。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノコンギクの関連キーワードヨモギ雁首草沢小車野薊森薊山艾胡麻菜キクフキヨメナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノコンギクの関連情報