ノコンギク

  • Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Fr. et Sav.) Kitam.
  • のこんぎく / 野紺菊

百科事典マイペディアの解説

キク科の多年草。本州〜九州の山野にふつうにはえる。は分枝し,高さ50〜100cm。葉は長楕円形で両面には小剛毛があり,ややざらつく。8〜11月,茎頂に黄色の筒状花と淡青紫色の舌状花からなる,径2.5cmほどの頭花を多数つける。関西の日当りのよい山地に多いヤマシロギクは舌状花が白く,ときにわずかに紫色を帯びることもある。ノコンギク亜種と考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キク科の多年草。高さ30~60センチメートル。葉は短い柄があって互生し、卵状楕円(だえん)形で3本の脈があり、両面に毛があってざらつく。8~11月、径約2.5センチメートルの頭花をつける。中央の管状花は黄色、周辺の舌状花は紫色。日当りのよい山野に普通に生え、本州から九州に分布する。葉の広いものや狭いもの、舌状花の色変わりのものもあり、多くの変種がある。庭に植えるコンギク(紺菊)は、本種から選抜育種されたものである。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android