コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコンギク

百科事典マイペディアの解説

ノコンギク

キク科の多年草。本州〜九州の山野にふつうにはえる。茎は分枝し,高さ50〜100cm。葉は長楕円形で両面には小剛毛があり,ややざらつく。8〜11月,茎頂に黄色の筒状花と淡青紫色の舌状花からなる,径2.5cmほどの頭花を多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノコンギク
のこんぎく / 野紺菊
[学]Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Fr. et Sav.) Kitam.

キク科の多年草。高さ30~60センチメートル。葉は短い柄があって互生し、卵状楕円(だえん)形で3本の脈があり、両面に毛があってざらつく。8~11月、径約2.5センチメートルの頭花をつける。中央の管状花は黄色、周辺の舌状花は紫色。日当りのよい山野に普通に生え、本州から九州に分布する。葉の広いものや狭いもの、舌状花の色変わりのものもあり、多くの変種がある。庭に植えるコンギク(紺菊)は、本種から選抜育種されたものである。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノコンギクの関連キーワードノギク(野菊)ヨメナ(嫁菜)ヤマシロギクアスターコンギクノギクキク科紺菊野菊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android