コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノブドウ(野葡萄) ノブドウ Ampelopsis brevipedunculata var. maximowiczii

2件 の用語解説(ノブドウ(野葡萄)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノブドウ(野葡萄)
ノブドウ
Ampelopsis brevipedunculata var. maximowiczii

ブドウ科の多年草。山野に普通にみられるつる草で,東アジアの温帯,暖帯に広く分布する。茎は基部が太く木質で,数mに伸びる。葉は互生し,3~5裂する心臓状卵形で,径5~10cmあり,裏面は淡緑色,脈上に毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノブドウ【ノブドウ(野葡萄) Ampelopsis brevipedunculata (Maxim.) Trautv.】

山野にごく普通にあるブドウ科多年生つる草(イラスト)。茎は巻きひげで他の植物にからまって長く伸び,若いときは毛がある。葉は互生し,多くは3~5浅裂してエビヅルに似ているが,裏面に褐色のくも毛がない。花は小型,両性で,7~8月ころ,集散花序に多数つく。果実は球形で淡緑白色から紫色を帯びて褐色となるが,多くはブドウタマバエ,ブドウトガリバガなどの幼虫が寄生し,虫こぶをつくる。葉が深く切れ込むものをキレハノブドウf.citrulloides (Lebas) Rehd.,毛のないものをテリハノブドウf.glabrifolia (Honda) Kitam.として区別されることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノブドウ(野葡萄)の関連キーワード湿羊歯蔓人参蔓竜胆塊芋野小豆蛍袋Dole ぶどうアオツヅラフジエビヅルキツネノボタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone