コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリウツギ Hydrangea paniculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリウツギ
Hydrangea paniculata

ユキノシタ科の落葉低木。日本各地の山地に普通に生え,高さ 3mに達するものもある。北海道ではサビタの名で知られる。葉は長さ 10cmほどの楕円形または卵形鋸歯があり,赤みのある葉柄をもつ。普通対生するが,しばしば3,4枚輪生することもある。7~8月,枝先に円錐花序をつくり,多数の両性花と,それに混って少数の装飾花をつける。装飾花は3~5個の花弁状の萼片から成り,白色でまれに帯紅色のものもある。また花後もこの萼片は宿存し赤みが強まる。花序がすべて装飾花から成る園芸品をミナヅキといい,庭園に植えられる。樹皮の粘液から,日本紙をすくときに使用する糊をつくる。ノリウツギおよび別名のノリノキはそれに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノリウツギ

ユキノシタ科の落葉低木。北海道〜九州,東アジアの山野にはえる。葉は対生ときに3輪生し,卵形で先はとがり,縁には鋸歯(きょし)がある。7〜8月,枝先にガクアジサイに似た円錐花序をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリウツギ
のりうつぎ / 糊空木
[学]Hydrangea paniculata Sieb.

ユキノシタ科の落葉低木。葉は対生、まれに3輪生し、葉身は楕円(だえん)形または卵形で先は鋭くとがり、縁(へり)には低い鋸歯(きょし)がある。7~8月、枝先に長さ10~20センチメートルの円錐(えんすい)花序をつくり、多数の小さな両性花と、周囲に少数の装飾花をつける。装飾花は萼片(がくへん)が花弁状に変化したもので3~5片あり、白色で、ときに赤みを帯びる。両性花の萼片、花弁ともに5枚、雄しべは10本、花柱は3~4本。(さくか)は小さな楕円形で、上部が裂けて多数の細長い種子を出す。種子には翼があり、長さ3~4ミリメートル。幹の髄は中空となり、またその樹皮から和紙を漉(す)くのに使う糊(のり)をとるので、ノリウツギの名があり、別名ノリノキともいう。日当りのよい山地に普通に生え、日本、千島、樺太(からふと)(サハリン)、中国など東アジアに分布する。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノリウツギの言及

【アジサイ】より

…葉に甘味成分を有する系統がヤマアジサイ類のなかにあり,アマチャと呼ばれる。このほかアジサイ属には,ノリウツギ,タマアジサイ,ツルアジサイ,コアジサイ,ガクウツギなど数種が日本の山地に自生する。ノリウツギH.paniculata Sieb.(イラスト)は高さ2~3mに達する落葉低木で,夏に円錐花序に多くの白い花をつけ,周りに装飾花がある。…

【湿原】より

…微地形により地下水位が異なることが一因となってこの植物の分布が決められていることが知られている。ミズゴケ類でもり上がった小凸地hummock(ブルト)には,レンゲツツジ,ヒメシャクナゲ,ノリウツギなどの低木や,ヤマドリゼンマイ,ヌマガヤなどが生育する。小凹地hollow(シュレンケ)や湛水(たんすい)シュレンケpoolには,ミカヅキグサ,ヤチスギラン,ホロムイソウなどや,ハリミズゴケ,ウツクシミズゴケなどの半水生のミズゴケが生育する。…

※「ノリウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノリウツギの関連キーワードアジサイ(紫陽花)ユキノシタ科唐紫陽花流し漉き長沢和紙山空木鰾膠木さびた糊の木雁皮紙樹液和紙鰾膠楡木糊木

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノリウツギの関連情報