コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーフォーク Norfolk

翻訳|Norfolk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーフォーク
Norfolk

アメリカ合衆国,バージニア州南東部,チェサピーク湾の出口に近い海港都市。同州最大の都市で,隣接するポーツマスチェサピークハンプトンニューポートニューズの諸港市とともに世界でも屈指の良港ハンプトンローズを囲み,連接して人口約 140万の大都市圏を形成している。町の起源は 1682年。タバコ,木材などの積出し西インド諸島との貿易で繁栄したが,独立戦争で壊滅的な破壊を受け,黄熱病の流行 (1855) ,南北戦争 (61) などが続き,1870年の鉄道および港湾施設の完成まで復興は遅れた。その後ハンプトンローズは世界最大の石炭積出港となり,第1,2次世界大戦中は同盟国への物資や軍需品の積出しで拡張を続けた。現在おもな輸・移出貨物は石炭,タバコ,綿花,木材などで輸出のほうが輸入より多い。第2次世界大戦後の建築ブームで市街地は拡大し,造船,化学工業,繊維,自動車部品製造などの工業も盛ん。重要な軍港で,大西洋艦隊司令部がある。人口 24万2803(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーフォーク(Norfolk)

英国イングランド東部、北海に面する州。州都ノリッジ。農業が盛んで、輪栽式を取り入れたノーフォーク農法の発祥地として知られる。
米国バージニア州南東部の港湾都市。チェサピーク湾口に面し、海軍の重要基地。タバコ輸出で発展。人口、行政区23万(2008)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ノーフォーク

米国,バージニア州の港湾都市。チェサピーク湾口に臨む天然の良港で海軍基地がある。商港としては,石炭,タバコ,穀物の積出しが多く,造船,自動車,食品加工などの工業も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノーフォーク【Norfolk】

アメリカ合衆国バージニア州南東部の港湾・工業都市。人口24万1000(1994)。1682年建設。18世紀前半期までには西インド諸島やイギリス向けの貿易港として栄え,1740年ごろ州最大の都市に成長。チェサピーク湾域の主要港となる。独立革命中,イギリス海軍の攻撃から防衛不可能と判断され,全市が焼き払われた。革命後再興される。1815年以降商業港としては一時後退するが,南北戦争後は石炭,タバコなどの主要輸出港となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノーフォーク【Norfolk】

アメリカ合衆国、バージニア州の大西洋に通ずるチェサピーク湾口に位置する港湾都市。軍港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ノーフォークの関連キーワードポーツマス(アメリカ合衆国、バージニア州)ノーフォーク・サザン・コーポレーションイリノイ・セントラル・ガルフ鉄道原子力空母ジョージ・ワシントンノーフォーク・ジャケットノーフォーク室内音楽祭シャーロッテ ゾロトウフレデリック・ルイスニュー・ノーフォークノーフォーク・テリアタウンゼンド(子)ニッカーボッカーズカサリン・ハワードパストン・レターズノーリッチ・テリアノーリッジ大聖堂ノーフォーク農法コリヤー ケンアメリカ合衆国ダーウェント川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーフォークの関連情報