コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクサンフウロ

百科事典マイペディアの解説

ハクサンフウロ

本州中北部の高山の草地にはえるフウロソウ科の多年草。全体に白毛があり,茎は高さ50cm内外。葉は掌状に裂け,根出葉には長い柄がある。夏,茎頂に花柄を出し,径2.5cm内外の淡紅色の5弁花を1〜3個つける。
→関連項目フウロソウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクサンフウロ
はくさんふうろ / 白山風露
[学]Geranium yesoense Fr. et Sav. var. nipponicum Nakai

フウロソウ科の多年草。単にフウロソウとよぶこともある。地下茎は短く、根は肥厚する。茎は下部は倒伏し、上部は立ち上がって分枝し、高さ30~80センチメートル、下向きに伏した毛がある。葉は対生し、葉身は幅4~7センチメートル、掌状に5深裂し、裂片はさらに細く深裂する。長い葉柄があるが、茎上部になるにしたがって短くなる。托葉(たくよう)は合生または離生し、膜質で褐色。7~8月、径3センチメートルの紅紫色花を開く。花弁は5枚、基部に白毛を密生する。萼片(がくへん)は5枚、短毛がある。果実は細く、長さ約3センチメートル、熟すと種子をはじき出す。高山の草地に生え、中部地方以北の本州に分布する。基本種エゾフウロは茎や葉、萼に長い逆毛が生え、東北地方、北海道、および千島に分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハクサンフウロの言及

【フウロソウ(風露草)】より

…薬草のゲンノショウコや高山植物のハクサンフウロなどを含むフウロソウ科フウロソウ属Geraniumの総称であり,特定のどの種をさすかは明らかでないが,時にゲンノショウコ(イラスト)をさすこともある。日本では12種が野生し,2,3種が帰化植物として入っている。…

※「ハクサンフウロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハクサンフウロの関連キーワードフウロソウ(風露草)日本アルプスゼラニウム木曽山脈風露草美ヶ原お花畑

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android