ハシバミ

百科事典マイペディアの解説

ハシバミ

カバノキ科の落葉低木。北海道,本州,九州,東アジアの山野にはえる。葉は広倒卵形で先は急にとがり,縁には重鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。3〜4月に開。雄花穂は黄褐色小枝から尾状に下垂し,雌花数個集まって紅色花柱だけが芽鱗(がりん)の外に現れる。果実は2枚の総包に包まれ球形で径約1.5cm,食用となる。セイヨウハシバミの果実がヘーゼルナッツである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハシバミ【Japanese hazel】

陽地に生えるカバノキ科の落葉灌木で,果実は食用となる(イラスト)。中国名は榛で,日本でもこの字をあてる。若枝や葉柄には軟毛と腺毛がある。葉は互生し,広倒卵形で先端はやや切形で急にとがり,縁には荒い不規則な鋸歯がある。雌雄同株。3月ごろ,新芽の開出に先立って開花する。雄花序は長い尾状花序となり,垂れ下がる。雄花は花被がなく,苞と小苞に包まれて,4~8本のおしべがある。おしべは花糸が深く2裂しており,一見したところ2本のおしべに見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシバミ
はしばみ / 榛
[学]Corylus heterophylla Fisch. var. yezoensis Koidz.

カバノキ科の落葉性低木。日本全土に産す。葉は短い葉柄をもち、互生し、三角状広倒卵形、長さ、幅ともに8センチメートル前後、重複鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。雄花は花被(かひ)を欠き、鱗片(りんぺん)状となり、垂れ下がる花軸につき、尾状花序をつくる。各鱗片には4~8本の雄しべがある。雌花は2花ずつ集まって小包葉に包まれ、それらが小形の包鱗に覆われて、頭状にみえる花序をつくる。各花の花被は短く、全裂した2本の雌しべがあり、子房は2室、各室に1~2個の胚珠(はいしゅ)がある。果実はやや大形の堅果で、大形の総包に包まれている。種子は堅い種皮の内部に主として肉質の子葉からなる白色の仁(じん)をもち、ナッツとしてよく利用される。中国では6000年前から利用され、3000年の栽培史をもつ。日本では古くから野生の利用が多い。本種にきわめて近い類似種にオオハシバミC. heterophylla Fisch.があり、本州および朝鮮半島、中国東北区に分布する。ほかにツノハシバミC. sieboldiana Bl.、オオツノハシバミC. mandshurica Maxim et Rupr.などが、分布し利用される。欧米のものはセイヨウハシバミとよばれ、ヨーロッパではC. avellana L.とC. maxima Mill.が多く、アメリカではC. americana Marsh.やM. cornuta Marsh.などが多い。これらもナッツとしてよく利用され、フィルバートfilbertとよばれる。また、ときにより、地方により、ヘイゼルナッツhazel nut、コブナッツcobnut、ランバートナッツlambert nut、スパニッシュナッツSpanish nutなどともよばれる。世界の類縁種は約20余種、北半球に分布し、利用される。フィルバートの主産国はアメリカ、トルコ、イタリア、スペインなどである。[飯塚宗夫]

利用

ナッツ100グラム中には622キロカロリー、タンパク質12.7グラム、脂質58.8グラム、炭水化物21.1グラム、灰分2.7グラムを含み、カルシウム、リン、カリウムなどの無機質も多く、ビタミンB1
・ B2、ナイアシンなどもあり、食品としての価値は高い。生食のほか、仁からとれる油は約30%で、香りがよく食用油とする。生果実のまま、あるいは粉状として糖果の原料とする。樹皮には10%内外のタンニンを含み、皮革のなめしに用いる。樹木は緻密(ちみつ)で加工材とする。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハシバミの関連情報